読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

とんかつ川久・のぼる屋

食 鹿児島市

曇り空。

蒸し暑い鹿児島市

軍装姿の西郷さんも見られました。

なかなかかっこいい(笑)お土産を買いに、新鹿児島駅まで。

アミュプラザ」と言う複合施設が併設してあり、

そこで買い物。

「こむらさき」の支店もありました。

しかし私は、他に行くところが・・・・・

「とんかつ 川久」

近くの商店街の途中にあります。

ロースかつ定食。

ロースかつ(150g)、上ロースかつ(250g)、特上ロースかつ(350g)の3種。

重くなるにしたがって厚さが増すよう。

で私は、上ロース(苦笑)

つまり観光で行ったらランチはダメです(苦笑)

おいしいですが、普通の厚さ。

出てきたトンカツは、衣が薄く肉が厚い。

特上はびびるでしょうね、出てきたら(爆)

ちなみに、特上は2300円。

ソースは、醤油とゴマもありますが、普通のソースがおすすめ。

ただし、ソースをつけなくても、充分。

脂身が甘く肉も繊維にそってほどけていき、

薄い衣と共に、そのままが一番かも。

続いて、「のぼる屋」

外観でノックアウト(死語)

鹿児島ラーメンを物語る歴史ある建物。

中に入ると、カウンター一列。

厨房には、白割烹着の女将。

年配の女性。

言葉のたどたどしい男性。

入ってすぐ、麺投入。その後、漬物(苦笑)

量が多いです。今までで1番(笑)

ここでも麺上げはなし。

女将が菜ばしで出していきます。

そう、作るのはあくまで女将。

女将の動きを、皆がサポート。

女将の髪の結い方が凛としています。

出てきたラーメンは、私的にはうどん。

スープは和風。麺はかなりの太め。

具は豆もやし。うどん的です。

しかし、スープは脂も浮く深い味。

麺もうどんとは異なる食感。

色々な深みを感じさせます。

帰りに、おみやげを。

雨の心配もしていただきました。

ひよっとしてここは、文化遺産

歴史的建造物、そしてラーメン・人情・おみやげ付。

入場料は1000円。

けして高くありません。


とんかつ川久

上ロースかつ定食 1500円

鹿児島県鹿児島市中央町21-13

099-255-5414

11:30~14:30

17:00~21:00

木定休


のぼる屋

ラーメン 1000円

鹿児島市堀江町2-15

099-226-6695

11時~19時

日曜定休