読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

伊之助製麺 五穀豊穣生うどん

今朝も霧。

幻想的というより白一面。

太陽が肉眼で橙色に見られた佐賀市

ただし霧は早くになくなり、

気温は低く寒い一日。

昨日地元産食材にこだわりたいと書きましたが、

麺好きの私としてはこれに興味が。

伊之助製麺県産小麦100%使用「五穀豊穣生饂飩」

で地産池消を前面に広告しているスーパー、アルタへ。

件の五穀豊穣生饂飩もあったのですが、これに目が。

生饂飩のゆでうどん版。

広報には、

「チクゴイズミ」と「ニシノカオリ」を使用。

玄界灘の一の塩と、

脊振山系伏流水で練り上げたオール佐賀産との事。

見た目真っ白。印象的な程。

そしてつるっとした表面。

コシと言うほどではありませんが、

しっかりとした密度を感じさせるおいしいうどん。

ちなみに同価格のちゃんぽん麺もあります。

原材料がしっかり判っていると言う事は大変重要。

先だっての汚染米の話。

汚染米もあるなら汚染小麦もあるはず。

政府統計などによると平成8年から19年までに

港の輸入検疫で約4万トンの小麦から

カビや残留農薬が発見されていたとの事。

汚染米のほぼ4倍の量。

小麦の事故品はそのほぼ全てが、

輸出国に返品、廃棄されるそうですが、

汚染米同様に工業用や飼料に転用可。

という事は、小麦は米より用途が広いので

加工、非加工品での危険性は大。

結局商品となってしまっては、

見た目判らない事。

裏のラベル表示見ても小麦ですしね。

そういう意味でも産地、

そして加工地がしっかり判っている

地元商品は大切。

特に子供を生み育てるであろう女性の方々や、

乳児、幼児、子供達。麺類好きですしね。

別に私なんて何食べたっていいのですが、

買うことで支えられたらいいですよね。

いい取り組みを。

ってたかが100円未満で恐縮ですが(爆)


五穀豊穣うどん

伊之助製麺

98円(アルタ開成店)