読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

南京千両 五差路店

今日も薄い雲がかかっていましたが、

いい天気。

風は冷たかったですが、

気温は17℃程度だった佐賀市

今日は仕事が早く終わり久留米まで。

チャンカメさんの所で知った

「一心ラーメン」ご主人の死去。

かなりお気に入りのお店だったので無念。

何よりアットホームな感じが好きでした。

店舗前を車で通りましたが暖簾は出ておらず。

ぜひ営業を続けていただきたいと一礼。

所用を済ませこちらへ。

南京千両 五差路店」

私久留米に1年ぐらい住んでいた時期があって、

大通りに出ている屋台には何度か足を運んでいました。

この店舗は初めて。

かなり停めづらい駐車場。

製麺所系さぬきうどん店もひるむであろうその外観(笑)

ラーメンそのものの歴史以上に、

現存しているその姿に感動(爆)

感動しながら視線を感じて振り向くと、

かなり強面の大型わんこの顔。

怖かったです(爆)

創業が昭和12年という事で

盧溝橋事件を初めとした日中戦争の時代。

南京占領を意識し屋号を付けたとの話も。

店舗内も歴史を感じる色合い。

そのまま30年位時間が止まっている感じですが、

書き直されたメニュー価格に、

今を感じさせます。

でラーメン。

縮れた麺と黄土色っぽいスープが印象的。

全体的に量が少なめに感じます。

麺はコシのあるもので、三九的。

スープは豚骨よりタレを多く感じます。

具は刻みチャーシュウとネギと海苔。

このラーメンから歴史を感じる事は少ないですが、

他にもチャーハンやタカナライス(各500円)や、

ギョーザ(350円)。

それらのセットもあり、

古き店舗と共に、

普通の食堂系ラーメン店として味わうのが良いのかも。

九州新幹線「久留米」駅開業に併せて進められている

再開発で駅前に35階建ての高層マンション。

そしてその周囲に商業施設。

未来と過去。

その間が現在。

ひょとして滋味系店舗に行く事は、

ちょっとしたタイムトラベル(笑)


南京千両 五差路店

ラーメン 500円

839-0862 久留米市野中町702-2

(0942)37-7279

11:30~22:00

第2月曜日定休