読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

麺処 井の庄監修 辛辛魚らーめん

カップ麺寿がきや

今日は曇り。

気温も13℃前後で暖かさを感じた佐賀市

病院の息子くんはすっかり元気。

午後からうちのと付き添いを交代し、

娘の幼稚園帰りはうちのが待つ事に。

娘は母親が帰ってきているとは

思っていなかったので大変うれしかった模様。

その後娘は2人で買い物などしてご満悦。

その間私はというと、点滴ぶら下げた息子くんと散歩(爆)

病棟内の廊下を行き来したり売店まで行ったり。

順調すぎる回復(笑)

夜は再び娘と2人。

昨夜はなんとなく元気がありませんでしたが、、

お母さんと久しぶりに2人で過ごして元気百倍(笑)

色々とおしゃべりしながらぐっすりと眠りました。

で今夜は「麺処 井の庄監修 辛辛魚らーめん」

東京練馬にあるという麺処 井の庄

今回カップになった辛辛魚らーめんがメインな様子。

ラーメンの写真を見ても佐賀では存在しないタイプ。

ついでに実店舗は地下1階にあるそうで、

これまた佐賀では存在しないタイプ(苦笑)

まさしく佐賀は田舎(爆)

でカップ麺の方ですが、

かなり辛さを強調したパッケージ。

中身は液体スープとかやく入り粉末スープ、そして粉末スープとのり。

つまり粉末スープが2種類。

かやくの入っていない方を入れて5分。

お湯を入れた時点でかつおの香り。

5分後、液体スープを。

無論ラー油系のまっかっかへ(笑)

でかやく入りスープを。

この中身が唐辛子とねぎ。

それもかなり大量。

無論唐辛子が(爆)

唐辛子は下部が固まり簡単には溶けず。

よく考えられています。

スープは確かにかなりの辛さ。

しかしかつおの香りを含めかなりの旨み。

麺を食べた後にさらに別の麺を入れたい気分。

その麺は平たいコシのあるもの。

スープの個性に負けはしますが、これはこれでおいしい。

具は結局海苔しかないのですがものすごい満足感。

海苔がではなく相対的に。

価格相当と言われればそうなのですが、

なかなか完成度の高いカップ麺。

無論、お店の冠を掲げている限りは、

比べるはお店との対比でしょうが。

こういうはっきりした味のお店が

数多く存在できる都市部はうらやましくもあり。

毎回言っていますが、

はっきりした味のスープの場合、

カップ麺の再現性にはかなりのものを感じます。

しかし再現出来ない、

若しくは再現したいと大多数に思われない

滋味店ばかりの佐賀の方が私には合っている感じ(笑)


麺処 井の庄監修 辛辛魚らーめん

寿がきや

278円(ミニストップ)