読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

自由麺工房 大恩

食 神埼市

今日は曇り。

夕方はかなり涼しい佐賀市

麦刈りが始まりました。

という事で麦が金色に広がる神埼市

「大恩」へ。

佐賀市周辺では、最も変化を感じさせるこのお店。

それも小手先の変化ではなく、

抜本的な部分での試行錯誤を楽しめるお店。

止まった世界で広がるラーメン店の多い佐賀市周辺では貴重。

5月になりメニューにも変化が。

以前290円という低価格で提供されていた、

「塩豚骨ラーメン」がお客さんからのマイナス評価を基に、

「スープ濃度を高く化学調味料を加えチャーシュウを厚切りに」

という変化を加え5月14日より

「塩豚骨ラーメン 390円」へ。

で以前の「塩豚骨ラーメン」は、

定食のみで「薄味塩豚骨定食490円」に。

そして極太麺が 5月後半よりライ大麦全粒粉へ。

これによりさらにモチモチ感が出るとの事。

うどん風ラーメンへまっしぐら(苦笑)

という事で「ベーシック魚介ラーメン」

こちらも価格が変わっており、

以前は極太麺並と大盛りが590円の同価格でしたが、

今回は並590円・大盛640円・特盛690円に。

特盛は640円から50円アップになります。

これはライ麦極太の為でしょうかね。

また「つけ麺」系のつけ汁は、

魚介濃度が3倍になったとの事。

この3倍が「魚粉」の量だとしたら、

もう私には無理ですね(苦笑)

それと新しいメニュー表では、

ラーメンを大きく2つに分けて書いてあり、

「科学調味料を使用していないラーメン」と

化学調味料を使用しているラーメン」

ちなみに使用しているラーメンは、

塩豚骨ラーメンと味噌ラーメン。

他では見ない書き方。

個人的に1番印象的だったのは、

メニューの「ラーメン」の文字。

以前は、「らぁ~麺」との表記でしたが、

今回からは普通に「ラーメン」

良い方向。

月ごとの試行錯誤が見て取れ、

それが楽しみになる今日この頃。

やはり魚粉たっぷりのスープは

私にとっては少々難ですが、

極太麺の変わりようは楽しみ。

小麦の変化と共に、

ゴリゴリ系極太麺もいつか願いたいところ。


自由麺工房 大恩

ベーシック魚介ら~麺 590円

佐賀県神埼市神埼町姉川1600-1

0952-52-7510

11:00~15:00

17:00~21:00

月曜定休