読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

丸亀製麺

今日は曇り。

雲の塊が幾重にも浮かび、

立体的な空に見えた佐賀市

天頂の青空は澄んだ青。

昨日天草から帰ってきた夕食にこちらへ。

丸亀製麺

久留米にしばらく前に出来たうどん屋さん。

親会社は全国展開をしている兵庫に本社のある会社。

焼鳥からラーメン、お弁当やお惣菜の販売も手がけている

多業態外食チェーン店だそうです。

19:00頃で結構な行列。

店内は厨房が見まわせ、

製麺機から麺が次々に麺が出来上がり、

それを次々茹で、次々に洗われています。

システムはセルフ式で、

まず、

釜揚げ・かけ・ぶっかけ・ざる(各280円)等、

基本となるうどんを注文。

それを貰いトレイに載せ、

ちくわ・げそ・いか天(各100円)等の

てんぷらコーナーへ。

そしておかか・鮭・鶏そぼろ(各120円)等の

おにぎりコーナーがあり会計。

その後に、

ネギや揚げ玉、生姜そしてかけ汁。

感心したのが手作り感と出来立て感。

うどんも作りたて、茹で立て。

おにぎりも陳列している前で作りつつ、

天ぷらも陳列している前で揚げられるようになっています。

奥では大根を皮を剥く店員さんや、

おいなりさん(100円)を作る店員さんの姿。

店舗内かなり「見られるレイアウト」に徹している感。

外から見える店内行列。

行列中に見られる厨房内。

さりげなく置かれた国産小麦袋。

そしてそのシステムも、

本格的に「さぬきうどん」を模しています。

無論主な作業は機械ですが(苦笑)

そしてそのうどんは、

ぷにっとしていながら、

噛まなければならないまさしく「さぬき的」

コシというより弾力感という感じですが、

九州のうどんに見られない個性。

「さぬきうどん」系チェーンとしては、

はなまるうどん」が有名ですが、

数段こちらが上手。

大規模商業施設に入っている場合が多いようですが、

店舗形式で気合が入っているのかも知れません。

先だって行った回転寿司もそうですが、

最近ではチェーン店もなかなかのもの。

と言いますか、生き残りを掛けた「気合」すら感じます。

そのシステムに。

そういう意味で佐賀に戻るとこれがどうもぴりっとしない(苦笑)

まぁそれが佐賀の良さでしょうが。


丸亀製麺久留米店

かけうどん     280円

ざるうどん     280円

ちくわ天      100円

野菜のかき揚げ 130円

かつおおむすび 120円

トロ玉うどん    380円

福岡県久留米市諏訪野町字中田1951-1-3

0942-37-4221

11:00~22:00

無休