読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

信濃神麺 烈士洵名

食 福岡市

今日も曇り空。

午前中は、

日食かと思わせるほど暗かった佐賀市

今日は仕事が休みで家族で博多まで。

私は昨日も行っているのに(苦笑)

で昼食にこちらへ。

信濃神麺 烈士洵名」

キャナルシティーにあるラーメンスタジアムに、

「気むずかし家」と入れ替わりで入ったお店。

同じ長野のお店ということで系列店の様子。

メニューの「ちびっ子麺」が器ごと同じ(笑)

しかし価格は100円から200円へ(笑)

で「きむ二郎」は「岡村二郎」として再登場(笑)

ちなみに店名は、

「しなのしんめん れっしじゅんめい」と読むようです。

店内はまずまずのお客さん。

家族連れの他、まさしくラーメンマニアの方が(爆)

メニューは思いのほか少なく、

「ラーメン」(700円)と具のレパートリー。

「つけ麺無双」(850円)

「岡村二郎」(800円)

「ちびっ子麺」(200円)等。

トッピングは豊富。

ご飯ものは、ごはん(150円)と豚玉めし(350円)。

子供達はちびっ子麺。

うちのは、とろとろ味玉麺(800円)

基本のラーメンに、

味玉子が1個と半分。

で私は「岡村二郎」(笑)

丼が印象的。

下が細くて上が広い形。

色は白。

この丼のおかげで食べやすい「岡村二郎」(笑)

具はもやしが主力で丁寧な処理。

一袋以上は入っていそう(笑)

チャーシュウは、

「気むずかし家」と同じ大振りなものが2枚。

丼以外大変良く似た印象。

期待の麺は、やさしい太麺。

極太という気合は感じませんが、

娘が気に入りぱくぱくと(苦笑)

うちの娘は良く食べる(笑)

この岡村二郎。

1番印象的なのはスープ。

醤油です。

甘さより辛さを感じる醤油。

丼の印象か、上品に感じられる「岡村二郎」

なぜ「岡村」なのかを尋ねに行くことはないと思います。


信濃神麺 烈士洵名

岡村二郎 800円

福岡市博多区住吉1-2-22

キャナルシティ博多シネマビル5F 

ラーメンスタジアム2

092-271-5166

11:00~23:00  

無休