読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

唐津 らぁ麺むらまさ 唐津本店

今日は曇り。

薄い白い雲に覆われた佐賀市

気温は高く新緑がきれいに。

今日は仕事が休みでこちらまで。

唐津 らぁ麺むらまさ

新横浜ラーメン博物館の15周年企画。

新ご当地ラーメン創生計画

それになぜか唐津が。

そしてこの4月までの半年間、

新横浜ラーメン博物館で営業。

満を持しての凱旋開店。

まず企画書ありき。

そんな印象を持っていましたが果たして。

14:00頃で店外まで車の列。

しばらく周辺をドライブ。

改めて唐津は良い町だなぁと。

ということで15:00頃ようやく店内へ。

日本料理店風外観。

広々とした店内。

厨房を囲みカウンター。

その背後にテーブル席。

奥には製麺室も完備。

お店の方々は洋食店風。

今風を極めた感じ。

入るとすぐに券売機。

塩らぁ麺(600円)

醤油らぁ麺(600円)

その他には、

たまごかけご飯(200円)や魚ろっけの姿も。

おもしろいと感じたのは、

ラーメンバリエーション。

それぞれに素らぁ麺(450円)と大盛り(800円)

さらに素らぁ麺の大盛りが(650円)

これは麺とスープの自信の表れと感じました。

で塩らぁ麺。

きれいなラーメン。

佐賀では数少ない塩スープは、旨みと深み。

芳醇。そんな印象。

合わさる麺はつるんとした食感。

細すぎず太すぎず上品な麺。

自家製麺なのも納得。

具は厚みのあるチャーシュウとメンマ。

共に上品。

うむむ。

これはすごい。

内地の企画優先で、

唐津市内で造園業を営む株式会社が運営

さらに「ご当地麺を作る」という仰々しさ。

行くまでは疑問を感じることばかりでしたが、

食べてみるとかなりの好印象。

開店当初の混乱も感じられず、

「出来上がった状態」での開店。

さすが新横浜ラーメン博物館での営業経験。

店名は、母体の株式会社代表取締役の名の1部と、

店主の名の1部を合わせたとの事。

一の塩を始め、

素材の多くも唐津から調達しているとの事で、

唐津を代表するお店になる可能性を強く。

製麺室は、この先店舗拡大を暗示。

このクオリティーで店舗拡大して行き、

いつの日か唐津で最大勢力に。

そしてそれがご当地麺の誕生。

そんな青写真を描いている印象。

落ち着いた頃もう一度。


唐津らぁ麺むらまさ

塩らぁ麺 600円

佐賀県唐津市菜畑3609-2

0955-74-3213