読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

麺家いろは 博多店

食 福岡市

今日は雨。

曇りか雨のぐずついた空模様だった佐賀市

稲刈りも概ね終わり、

野焼きのこげた香りが漂う日中。

今日は久しぶりにキャナルシティーへ。

でこちらに。

麺家いろは 博多店」

9月16日に舗新規オープンした同店。

店舗名より大きな「富山ブラック」の文字。

富山県富山市で数店舗あるという「黒いスープのラーメン」

総称して「富山ブラック」というそうですが、

濃口醤油をじっくり煮詰めたスープが特徴。

以前見たテレビでは、

どのお店かは覚えていないのですが、

見た目の通り、「濃くてしょっぱい醤油そのもの」

そんな表現をしており、興味津々。

さすがに、ラーメンの為に富山に行くわけも行かず、

燕三条系ラーメンと共に「いつか食べに行きたいラーメン」

その系統のお店が九州に。

この「麺家いろは」は、

地元富山をはじめ、

隣県石川県や京都、神奈川にも出店。

サイトを見た印象では、

地元密着というより、

こちらで言うと、

一風堂や大砲に相当する感じかなと。

メニューはこんな感じ。

富山ブラック(750円)、つけ麺(900円)、

白エビだし塩(750円)、そして味噌(850円)、

餃子(350円)等。

珍しい所では「ねこまんま100円」

で「富山ブラックら~めん」

確かに黒いスープ。

それ以上に本来黄色い麺が黒味がかって印象的。

その麺はレンコンが混ぜてあるそうで不思議な食感。

独特な密度感。

黒いスープは、

見た目と裏腹にしょっぱくもなく辛くもない複雑な味。

煮干等のいわゆる魚介系の味。

具はチャーシュウとメンマとのりとネギ。

ネギが良い香りだった他、いまひとつの印象。

食べながら、

地元の富山ブラックは、

さらに濃くしょっぱいのだろうなぁと想像。

富山の方も、

濃厚富山ブラックばかり食べているわけではないでしょうし、

多くの方に受け入れられやすい形で提供できるお店。

それが九州に来たんだろうと。

富山ブラックを知る最初の一歩としては良い感じ。

店内には、富山県のポスターと共にリーフレットが。

富山を知るにも良いきっかけ。


麺家いろは 博多店

富山ブラックら~めん 750円

812-0018

福岡県福岡市博多区住吉1丁目2番22号

キャナルシティ5F

092-262-2066

11:00~22:00 

年中無休