読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

来来亭 大橋店

食 福岡市

天気は良いものの風が強く、

大変寒く感じた佐賀市

昨日書きました「博多ラーメン ぞうさん(ZO-SUN)」

の次はこちら。

来来亭 大橋店」

しばらく前から、

福岡市で少しずつ増えていた黄色い外観と印象的な書体。

滋賀県に本部を置くチェーン店。

京都風鶏がら醤油と背脂が特徴的。

ただ1番の特徴は、その展開方式。

つまり経営。

経営者の豆田敏典氏は、

創業10年で年商100億円企業の社長として有名。

いつか忘れましたが、

この豆田氏が出ていたバラエティー番組があり、

その派手な暮らしと服装に少々否定的な印象を。

無論、それは豆田氏の個性からではなく、

番組がお金持ちの派手な暮らしを前面に出した構成だったため。

しかしながら福岡での出店攻勢を見ていると、

豚骨王国で相当受け入れられている感大。

ということで。

11月12日にオープンした同店へ。

入るなり驚くほどの元気な挨拶。

キビキビした動き。

店内はテーブル席と小上がり。

青色のテーブルが印象的。

机上には、各調味料と梅干と紅生姜。

紅生姜は福岡のみか?

メニューはかなり豊富

またかなり細かなオーダーも可。

初めてなので全て「普通」で背脂しょうゆラーメン。

「替え玉はありませんが」と店員さん。

でラーメン。

背脂を含めた盛りがきれい。

特にネギが。

麺は細過ぎず太過ぎず。

コシというか密度を感じさせる麺らしさ。

スープは醤油や鶏がら以上に唐辛子が強く、

それが醤油と背脂の甘みと良いバランスなのかも知れませんが、

次は抜いてもらおうと(笑)

さらにチャーシュウがトロトロ今風。

そぎ切り風で今風ながら嫌味がない味は非常に好印象。

全体的に見た目は非常に濃く脂っぽい印象がありますが、

真逆にすっきりした印象。

個性的に見え実は万人受けする計算されたラーメン。

県を越える多店舗展開の武器として。

食べている最中も、

お冷を入れてくれる店員さん。

気合の発声。

この手の気合発声系店舗では、

ただ声が大きければ良い的風潮もありますが、

こちらはニュアンスが異なり、

店内にいると元気をもらえる感じを私は受け。

店内には、このような張り紙。

店長名が出ているこのような張り紙は初めて。

マニュアルを活かすも殺すも人づくり。

店長名が入るだけで、

ただのチェーン店から、顔の見える個人店舗へ。

そんな雰囲気。

この雰囲気と勢いが他店でも同じなら、

これはかなりの組織力。

おいしいラーメンを作り人も造る。

誰が行っても気合と丁寧さを感じる接客。

九州、山口、徳島では、

他の地域より価格を下げる配慮。

福岡にその味が受け入れられたというより、

今の閉塞感溢れる時代に、

人を生かすシステム、

それが生み出す空間が受け入れられている感大。

まったく佐賀に存在しない価値。

残念ではありますが。


来来亭 大橋店

背脂しょうゆラーメン 600円

福岡県福岡市南区向野1丁目20番地8号

092-551-9505

11:00~24:00

無休