読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

辛ラーメン

今日は晴天。

薄白い膜が掛かったような青空。

最近の晴天はいつもこんな感じ。

夕刻を迎えると、

地平の空は薄い土色。

黄砂の目立つ、佐賀市

今日の仕事終わりはこれ。

辛ラーメン

佐賀でも良く見かける韓国製カップ麺。

どうも今回のキャンペーンに合わせて、

パッケージが統一されたようで、

K-POPアイドル「T-ara」の写真。

中身は粉末スープのみ。

3分待って出来上がると、

香りからして辛そう。

朱色のスープは、

軽い印象で唐辛子辛さ前面。

合わさるインスタントらしいぼわっとした麺。

いい具合に染込んでいる辛み。

具は椎茸が目立つものの他は今ひとつ。

残念ながらキムチの姿はなし。

やはり辛ラーメンは、

さまざまな具を入れ楽しめる「袋麺」の方が、 

韓国ラーメンらしさが出ている印象大。

ちなみに農心。

韓国本国では、

辛ラーメン発売25周年を迎える今年、

プレミアム商品として 「辛ラーメンブラック」を発売。

輸出は5月からとの事。

ニュースでは、

福島第1原発:最悪評価、世界に衝撃…レベル7」

レベルがどのようであれ、

福島第一原子力発電所の破壊的映像を、

日々見ている者にとっては、

驚くに値しない決定。

誰もが最初からそう感じていたと。

テレビの解説では、

レベル7は厳しすぎるだの、

政府の発表は遅いだの。

そんなことより、

どうやって放射性物質を止めるのか。

放射性物質の影響下でどのように生活したら良いのか。

原発に変わる大規模発電は可能なのか。

抜本的な節電はどうするべきなのか。

そのような「これからを解説」してもらいところ。

過去を論じるのは事が終わってからで。

本来、テレビ解説より、

日本国政府が語るべき話なのですが。


辛ラーメン

農心

98円(ドンキホーテ)