読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

映画 悪人

今日は晴れ。

青い空と白い筋雲。

明るい秋らしい空を感じさせた佐賀市。

 

今日は9月11日。

世界的には、あの同時多発テロの日。

グラウンド・ゼロで追悼式 / 9・11から10年で厳戒

もう10年。

 

私の想像を超えていた出来事。

そして3.11より半年。

津波、そして原子力事故と共に。

 

佐賀絡みでは昨年公開された「映画 悪人」から1年。

今更ながら、ハマっている自分(笑)

 

結局、劇場で見る事は出来ずDVDで。

もう何度借りた事か(笑)

f:id:hishi07:20120329233617j:plain

原作は吉田修一氏著「悪人」

我がブログでは便宜上「小説 悪人」と表記。

もとは朝日新聞連載の新聞小説。

文庫本は210万部以上のベストセラー。

2010年、妻夫木聡さん、深津絵里さん主演で映画化。

 

物語は、福岡、長崎、そして佐賀が舞台。

ストーリーはかなり重いものですが、

純粋な恋愛映画。

 

テンポがかなり早く、

小説版、シナリオ版を読んでいないと、

置いて行かれるスピードの速さ。

2時間はあっという間。

その点、映画らしいと言えば映画らしい作品。

 

物語の主題について私の思う所は、

この先、「小説 悪人」として書いてみたいと思いますので、

今回は「映画 悪人」

文章が映像化されると説得力が増す。

原作はかなり細かな風景描写。

佐賀県内でもそれに基づき数々のロケ。

f:id:hishi07:20111225094854j:plain

駅前でも、2人の出会うシーン。

 

妻夫木さんと深津さんの表情。

そして脇を固める俳優陣の表情。

その表情が印象的な恋愛映画。

今更ですが、ぜひ。

 

今日のニュース。

除染、4分の1経験 県民100人アンケート 

子ども内部被ばく心配」

 

政治家同士でぐたぐた言っている場合ではなく、

現実は常に動き、

政治に頼れない現地の方々は自ら行動。

幼い子がいる身として、現地に切なさ。

 

政治と共に、

大手マスコミの報道姿勢にも大きな疑問。


 

 

映画 悪人

監督:李相日

原作:吉田修一

脚本:吉田修一 、李相日

撮影:笠松則道

美術:種田陽平

音楽:久石譲

初公開年月:2010年9月

上映時間:139分

配給:東宝