読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

樺島灯台

今日は快晴。

輝くような青空だった佐賀市。

気温も高く、収まる気配のない厳しい残暑。

 

先だって、「悪人」というカテゴリーを新設。

この「悪人」には、

吉田修一氏原作の「小説 悪人」

そして李相日監督の「映画 悪人」

この2つに類する事柄を。

 

この2作品。

最近で私が最も感銘を受けた作品。

 

この「悪人」の中で「灯台」が重要な位置を占めており、

祐一(妻夫木役)が母親に捨てられたフェリー乗り場から見えた「灯台」

祐一と光代(深津役)が共に行くはずだった「呼子の灯台」

そして2人の逃避行の行き着く先となった「灯台」

計3つの灯台が登場。

 

最後に2人が行き着く先の「灯台」は、

「映画 悪人」では、長崎県五島市の大瀬崎灯台。

映画でのロケもあり、やはり「悪人」と言えばこの灯台。

 

しかし、原作にはそれぞれの灯台が具体的には記されておらず、

吉田修一氏の「吉田修一悪人公式サイト」には、

氏がモチーフとしたそれぞれの場が記された「九州地図」

こちらには、「長崎県野母崎にある樺島灯台」が、

「2人が逃げ隠れた灯台」と写真入りで紹介。

f:id:hishi07:20110914140257j:plain

樺島灯台。

かなりタイトな山道を上り詰めると広めな駐車場。

1971(昭和46年)年に無人化され隣接する職員宿舎が資料館。

1932(昭和7)に建設された白い円形灯塔。

先の五島市大瀬崎灯台はその1971年に改築され、

似たような形をしていますが、こちらはかなり歴史のある灯台。

f:id:hishi07:20110914140517j:plain

ただ現地に立つと「悪人」に感じる重みと言いますか、

暗さと言いますか、それが感じられない。

眼下に広がる東シナ海の大海原は明るい未来。

なんせ海がきれい。

遠くからでもリアルに感じる透明度。

 

その回答になるのか、

同サイト内の「フォトストーリー」というページに、

映画とは関係のない写真で構成された物語があり、

こちらで紹介されているのは、「波戸岬灯台」

f:id:hishi07:20110624124318j:plain

小説でこの波戸岬灯台は、

光代(深津)からすれば、「デートに行くはずだった灯台」

祐一(妻夫木)と出会い、「これまでのついていなかった人生が、

終わったような気がした」

その先にあった明るい未来。

そしてそうではなかった現実。

 

原作のイメージに合っているのは樺島灯台より波戸岬灯台。

私にとって。

 

今日のニュース。

全原子炉停止で13年度の交付金2.5億円減 玄海町

 

動き出した現実。

ただ地元に下りる多額な交付金は重大事故後には負の遺産。

その可能性がある玄海原子力発電所。

玄海町が減原子力発電の先駆けとならん事を。

切に。


 

 

樺島灯台

長崎市野母崎樺島町792-1

見学自由(資料室9〜17時)

無休