読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

大人のこだわり 華やかうどん

カップ麺東洋水産

今日は曇り空。

朝方は青空も見られ涼しい空気。

午後からは台風の影響で、冷たい湿った佐賀市

今日の仕事終わりはこちら。

「大人のこだわり 華やかうどん」

東洋水産より9月5日新発売。

同時に「だし香るそば」も発売。

今日は敬老の日

こちらのカップ麺。

その特徴は、50〜60代をターゲット。

刻々と少なくなって行く若い世代。

それに比して増えて行く新高齢層。

そこを狙った第1弾、『だし』にこだわり、

塩分30%カットの減塩和風カップ麺。

世界初のカップ麺、カップヌードルから40年。

カップヌードル世代が歳を取った感大。

私もそうですが(笑)

減塩を考えながらのカップ麺。

何となく根本が間違っている感も(笑)

中身は、粉末スープと別袋鰹節。

5分待って出来上がると、

具沢山な印象。

小さな天ぷらに散り玉子そして花麩。

どうしても弱い印象。

強い個性が感じられず、

一番は見ては分からぬ「減塩」

食して確かに感じる「減塩」

これはこれで良し。

今日のニュース。

福島の花火使用取りやめ 日進の大会、市民の抗議で

思い出したのが、

福岡応援店出店を断念

この時にも感じたのですが、

このメール等で批判した「市民」は、

どこの人なのか確認を取っているのかという問題。

個人的感想では、

地元一市民からの感情ではない感じが強く。

さらにイベントを中止するという態度は、

明らかに主催者側の過剰反応であり、

いささか疑問を感じさせる感。

あの大規模事故以降、

我が国は汚染国家。

この言葉はかなり重く感じますが、

大手報道機関以外の報道を見ていると、

どうしてもこういう表現が的確に感じ。

津波と震災に関して世界は日本を応援してくれていますが、

原子力発電所事故に関しては、

世界を汚染し続ける元凶と厳しい見方。

あの日以降、

我が国は国土の汚染と、

世界を放射性物質で汚染し続ける汚染源という、

二重の意味で世界の中の汚染国家に。

ここ佐賀だって少なからず汚染されているのです。

世界は、日本そのものが汚染されていると考えているのです。

そう言う環境の中で、

生きて行かねばならない我々庶民は、

県レベルでぐたぐた言っている場合ではなく、

分けられるものは分け使えるものは使い、

放射性物質を除去する最も効果的な方法を見つけ出し、

福島の地で実行しなければなりません。

そしてそれはこの先、世界が必ず直面する、

大規模原子力事故に大きな力となるはず。

そしてその先の厳しい現実に合わせ、

国土を国民を改めて政治で導く。

区別は必要ですが、

差別は悪。


大人のこだわり 華やかうどん

東洋水産

148円(イオン佐賀大和店)