読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

博多ラーメン膳 鳥栖店

食 鳥栖市

今日は晴天。

朝方は0℃前後の冷たさ。

日中は晴天でガラス越しには暖かさを感じたものの、

風が大変冷たかった佐賀市

福岡格安ラーメン店めぐり。

最後はやはりこちら。

「博多ラーメン膳 鳥栖店」

福岡ではなく鳥栖ですが。

鳥栖は福岡ではなく佐賀ですが(笑)

私の中では、最も強い格安ラーメン店。

メニューはこちら。

最も高額なのはチャーシュウメン560円。

ラーメン280円に対して560円。

チャーシュウはどれ位入っているのか(笑)

こちらのラーメン。

癖がなく旨みを感じさせるスープに程々細く程々柔らかい麺。

普通のチャーシュウとクズ肉的チャーシュウの2種盛り。

細かな所に気が配られた格安ラーメン。

今日は、店舗内外にやたらと張り紙されていた、

チャーシューおにぎり(100円)も。

見た目、違和感。

クズ肉的チャーシュウがない。

さらに麺が変わったのか、ほぼ中太麺。

そしてスープもこれでは替え玉は無理だろう的ぬるさ。

チャーシューおにぎりの感想は、

後悔。

冷たくコンビニおにぎりレベル。

うむむ。

チャーシュウおにぎりはともかく、

ラーメンの違和感は、作り手の個体差でこうなったのか。

はたまた年が明けてこうなったのか。

ひょっとしてただ単に私が変わっただけなのか。

色々と食してみて、

佐賀市内唯一の格安ラーメン店「ふくの家」

こちらの完成度に改めて価値。

麺とスープの量が少ないという根本的弱点はありますが、

チャーシュウの出来具合と辛子高菜の無料トッピングは、

かなりのアドバンテージ。

さらに駐車場付き。

さらに終日禁煙。

今日想った事。

今日は天気が良く、

風が遮られた日のあたる場所では、

冬の暖かさを。

中間施設反対の双葉町は欠席=県と地元町村が実務者協議-福島

町長のお気持ちは察しますが、

欠席とはいかがなものかと。

私は玄海有事の際、

玄海町で廃棄物の全てを受け入れ、

それでも足りなければ佐賀県内で受け入れ、

その周辺住民はすべて移住。

それが止む得ぬ事だと思っています。

無論、佐賀県として失うものばかり。

しかし原子力発電所を受け入れてしまったのですから。

甘い言葉にだまされて。

福島第一原子力発電所周辺市町村の方々は、

今、どう思われているのでしょうか。

市民、町民の方々を救うという事は、

皆さんが地元に戻る事ではなく、

安心できる土地へ移住する事だと私は思うのですが。

冬の中でも暖かさはあるばず。


博多ラーメン膳 鳥栖

ラーメン 280円

佐賀県鳥栖市元町字丁の坪1350-1

0942-84-5118

11:00~24:00

無休