読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

沖食堂

今日は薄曇り。

薄い白い雲に覆われるものの、

青空も見られた佐賀市

空気は冷たいものの日差しは暖か。

今日は仕事が休み。

またしても久留米まで。

「沖食堂」

久留米食堂系の老舗。

同様な「ひろせ食堂」とは親戚関係にあたる同店。

歴史と言いますか、

昭和そのものの外観。

そして店内。

壁には久留米と言えば、

チェッカーズ松田聖子以前のこの方々(懐)

メニューは食堂らしく、

ラーメン 380円(大480円)

やきめし 440円(大500円)

肉うどん 480円

支那うどん380円

卵うどん 380円

うどん  250円

牛丼 550円

めし 120円

おにぎり60円

スープ 60円

激辛たかな50円

店内の雰囲気と共に、リアル昭和。

さらに時代に乗らず、

多店舗展開やらブランド化など、

コンサル系の誘いに乗らず、カップ麺程度。

どこまでもただの食堂。

粋な程の潔さ。

広い駐車場も遠方からはありがたいところ。

ラーメン。

短めな四角い麺と、

まったりとしたやわらかなスープ。

ばさっとしたチャーシュウと海苔そしてゆで卵。

今回のは、非常に「三九」と近似値。

特にスープがとても良く似た印象。

当たり前と言えば当たり前。

不思議と言えば不思議。

ラーメンの歴史をふと。

今日想った事。

川内村が「帰村宣言」=4月に役場、学校再開-避難区域自治体で初・福島

昨年3月には、約3000人の方々が暮らしていた同村。

現時点で住民の9割以上が村外避難されているとの事。

放射線などが心配する人はもう少し様子をみてからでいい、

戻れる人から戻ろう」との言葉は、厳しい苦渋の決断。

ただ、私はまだ帰れない。

そう思います。


沖食堂

ラーメン 380円

福岡県久留米市篠山町330

0942-32-7508

10:00~15:30

日曜・祝日休