読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

ラーメン かなで食堂

食 春日市

今日は雨から曇り。

日中は10℃前後で風が強く寒さを感じた1日。

寒さが戻りつつある佐賀市

明日は雪の予報。

昨日の「観世音寺

その帰りにこちらへ。

「かなで食堂」

昨年6月に開店した同店。

白を基調とした店舗前には、囲む様に駐車場。

店内はカウンターと小上がり。

印象的なのが手書きの説明文。

印刷された壁紙で説明するコンサル系とは対照的。

2ヶ月分の人気ランキングや、

濃厚の定義等手書きで表示され「想い」が伝わる感大。

さらにメニュー裏にはアレルギー表示。

ラーメン店で初見。

また食べ終えた客の食器を片付ける際、

机上をアルコール消毒。

これまた初めて。

かなり行き届いている飲食店としての基本。

それも自然に。

かなりの心地よさ。

でメニュー。

かなり豊富。

ラーメン系にイラスト玉子。

後から貼られている点、あまりに正直。

基本と思われる「濃厚とんこつラーメン」

とろりとした茶色のスープ。

豚骨を煮続けた濃密さ。

佐賀の幸陽閣を越し、小倉の魁龍を思い起こす程。

しかし粉っぽさと脂感はまるでなく、

味わえる濃密豚骨。

具材は、煮玉子、ネギそして大振りなチャーシュウ。

チャーシュウは柔らかく程よい味付け。

味付け煮玉子は私には余計なものですが、

全体的に味付けが押さえられている点、好印象。

また机上には、プーアール茶。

自ら薄めるよう濃縮液。

ちょい濃いめに水で割ると、これが濃厚スープによく合う。

ただ容器がいかにも「ラーメンのタレ」

少々再考が必要かと。

帰りがけレジ横には、

プーアール茶一回分が小容器入りで置いてあったり、

スタンプ券を頂けたり。

細かな部分がしっかりしていてラーメンも個性的。

店主さんひとりで切り盛りされていましたが、

その人柄が感じられ久々に期待大なお店。

また必ず。

今日想った事。

今日は「北方領土の日

正直に言えば、

ぴんとこない方の方が多いと思いますし、

北方領土を全部言える方も少ない気が。

私は札幌に住んでいた時期、

この北方領土である国後島を見に行った事が事があります。

あまりにも近い距離で驚いた記憶。

距離的に近いからとはいえ、

「日本固有の領土」とならなかった事は、

戦後の様々な状況を考えれば、

致し方ない面もあると思っています。

ただ忘れては行けない事は、

ここは日本の領土だと言う事。

実際はどうであれ、その事実は忘れてはならないと。

しかし月日の流れとともに、

忘れゆく記憶と想い。

あの日からそろそろ1年を迎えようとする今、

この時代を生きる人として、

やはりあの日は忘れてはならない事。

私は未だに、

田畑を覆う津波

夜、燃える気仙沼

そして水蒸気爆発の濃い煙が焼き付いています。


ラーメン かなで食堂

濃厚とんこつラーメン 580円

福岡県春日市須玖南1-182

092-558-8727

11:00~22:30

火曜日定休