読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

平田、斉藤容疑者と「悪人」

今日は曇り。

終日白い雲に覆われた佐賀市

気温より肌寒く感じた日中。

今日は、気になっていたこのニュース。

元オウム女性信者に懲役2年求刑 / 平田被告の逃亡援助認める

平田容疑者が出頭し逮捕されたのが、

大晦日から元旦だったと言う事もあり、

私が心をよせる「悪人」との近似値を、なんとなく。

無論、この斉藤容疑者の存在が最もですが。

「悪人」

出会い系サイトで知り合った保険外交員を殺害した、祐一。

その後出会った光代と共に逃避行。

隠れ潜んだ灯台で逮捕されるストーリー。

平田容疑者の罪と教団の罪は罪として、

今回、私が興味を持っているのが、

この斉藤容疑者の心の動き。

新聞には、「愛する人を守りたかった」との見出し。

何がどうであれ罪は罪。

ただ「悪人」における祐一への光代の想いを、

現実社会での斉藤被告の逃走生活に感じたのも事実。

この先も、注目して行きたいこの事件。

「悪人」では、

誰が悪人なのか具体的には示されず、

「時代」「生まれと育ち」「境遇」「タイミング」それら環境。

そして数々の「悪い奴ら」

それらを全てを包括し祐一が光代の首を絞め「悪人」に。

「どっちも被害者にはなれんたい」

非常に重い台詞。

小説に登場する樺島の灯台。

今日想った事。

首都直下型地震、震度7の可能性 / 従来想定より大きく

それに対して備えと訓練を充分に行えば、

乗り越えられる話だと。

同様に予想される玄海有事に対しても、

十分な備えと訓練は考えられているのか。

必ず起こるものとした事故への具体的対応は。

国、県、九州電力は何をどこまで補償してくれるのか。

そして事故の際、国、県、九電それら当事者は、

何をしてくれないのか。

それは再稼働前にぜひ必要な情報。

再稼働すれば、

必ず事故は起こるのですから。


悪人

吉田修一

540円(朝日新聞出版)