読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

明星 究麺エボリューション 背脂豚骨醤油

カップ麺明星

今日は晴天。

薄い青空ながら気温も高く20℃超。

暖かな春の1日となった佐賀市

今日の仕事終わりはこちら。

「明星 究麺エボリューション 背脂豚骨醤油」

3月26日明星より新発売。

全てが新しくなったという究麺、果たして。

中身は粉末スープとかやく、そして調味油。

5分待って出来上がると、

背脂散る茶色のスープに黄色の四角い麺。

やはりこの麺は印象的。

程よい弾力としなやかさ。

スープとの絡みも非常に良くインスタントらしくない麺。

具材が事実上、薄味で大振りなチャーシュウのみ。

少々足りない気がするものの、

麺とスープだけでも満足出来るシンプルなカップ麺。

今日想った事。

エボリューションの日本語訳は、

進展とか発展、進化という感じでしょうが、

玄海有事への対応は少しずつ進展している様子。

全市町に配置するモニタリングポストを点検 近く配備

可搬式 なのは大変良い点。

政府は原子力発電所を再稼働させるつもり。

原発、5月までに再稼働と前原氏 / 講演で見通し

再稼働せずとも、

原子力発電所はいつまで経っても危険な存在。

少なくとも、今を生きる全ての人にとって。

それを再稼働させればなおの事。

ただ反原発団体の方なのか「市民団体」の方なのか、

議会に乱入したり会議で大騒ぎしたり、

また静かに文章を県や国に提出している姿をテレビで見れば、

国民の大多数、古い言葉で言えば「声なき声」の一般国民は、

これじゃ原子力発電は止まらないだろうと。

安保闘争との近似値。

現実の世界に必要悪は必要。

ただ受け入れるにはあまりにも悪い原子力行政。

悪いのは原子力発電そのものではなく、

それに関わる人々。

そう思い始めた昨今。

一足先にほぼ満開の桜。

市立図書館西側のソメイヨシノ

季節で動く自然な世界。

少し早くても少し遅くてもそれが自然。

何にしてもそれが一番。


明星 究麺エボリューション 背脂豚骨醤油

明星食品

258円(セブンイレブン)