読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

金ちゃん 徳島らーめん

今日は晴天。

薄い青空は変わらぬものの、

風もなく暖かな日中。

穏やかな母の日を迎えた佐賀市

我が家も「母の日」

子供達にプランを尋ねると、ハンバーグを作りたいとの事。

と言う事で、お買い物。

その前に公園へ。

干潟よか公園」

有明海の生物をモチーフとしたプールにも水が張られ、

これからの季節への準備。

プールはまだ少し冷たいものの、

こちらには我が家で「直角滑り台」

そう呼んでいる大きな滑り台が。

絶壁。

上に登れば垂直(笑)

まだ早い時間だったので今日は少なめですが、

ここで躊躇する子供達の姿がかわいい。

滑るか滑らないか。

どちらかと言えば落ちるか落ちないか(笑)

かなり大きな決断。

ただ滑ってみればこんなものかと。

と言う事で我が家の子供達も、

上でモジモジ(苦笑)

お姉ちゃんが先に滑れば僕も滑ると息子くん。

弟が先に滑れば私も滑ると娘。

仕方がないので私が滑るものの子供達は滑らず。

子供達はそれぞれ以前に滑った事があるものの、

やはり怖い様子。

まだまだ「がんばれば出来る事」

それがたくさんある子供達。

その後スーパーで珍しかったこちらを。

「金ちゃん 徳島ラーメン

金ちゃんヌードルは、こちら佐賀でも見かけるものの、

このカップは初見。

隣には「ねぎラーメン」も。

中身は、粉末スープに液体スープそしてかやく。

3分待って出来上がると醤油系の良い香り。

ネギと小さな豚肉。

カップ麺らしい割り切り方は、

サンポー焼豚ラーメンに繋がる印象。

実際の徳島ラーメンは食した事がありませんが、

濃いめの醤油と存在感のある麺。

それを感じさせたカップ麺。

徳島・・・遠い。

今日想った事。

テレビでは「アルマゲドン

いつ見ても松田聖子さんは変わらぬ表情。

それはともかく、この映画。

DVDも借りて見ましたが、

科学的考察はほぼ無視されており

アクション映画、もしくはコメディ映画。

会話と間がなかなかの面白さ。

私世代で隕石落下映画と言えば「メテオ」

今では仮面ライダーの名(笑)

しかしながら今となっては考えさせられる事柄も。

この彗星もしくは小惑星が地球に落下するという状況も、

あり得る事ながらいわゆる「想定外」

地球に近づく天体が落下する確率は、

一般的な国範囲で甚大な被害が出る確率が数百年から数千年に1度。

地球規模の甚大な被害は1万年から10万年に1度と言われています。

いつか落ちる事は確実だが、それがいつかは分からない。

結局、人の力は自然には無力。

今回の大事故も、自然のエネルギーと人工のエネルギー。

その力のせめぎ合い。

そして人の造りしエネルギーのあまりもの不自然。

不完全さ。

それが分かり過ぎる位分かった今の日本。

人は、自然災害に備えるべきなのか。

自然に流されるべきなのか。

人が敵わない自然災害に備えるより、

人工の災害に備えるべき。

その人工災害の根を少なくするべき。

白と黒。

「がんばっても出来ない事はある」

遠くまで広がる泥の海を見ながら。


金ちゃん 徳島らーめん

徳島製粉株式会社

138円(モリナガ)