読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

マルちゃん ふわふわのたまごとじうどん

今日は曇り空。

厚めな白い雲に覆われた佐賀市

夜には予想通り雨。

明日も雨の予報。

今日の仕事終わりはこちら。

「マルちゃん ふわふわのたまごとじうどん」

11月5日新発売。

中身は粉末スープとたまごスープ。

一番の特徴はこのたまごスープ。

中はフリーズドライ製法の「たまごブロック」

5分待って出来上がると、一面のとき玉子。

そしてかなり強いダシの香り。

丼ものの蓋を開けた時のごとく。

一面のとき玉子も一混ぜすると散り散り。

それ故に玉子としての存在感が乏しい。

見た目の存在感はかなりのものですが。

フリーズドライのたまごブロック。

まだまだ研究の余地あり。


今日想った事。

暗闇に光り輝く阿弥陀堂 いわき白水で10日からライトアップ

写真は福島民報より

この白水阿弥陀堂福島県唯一の建造物としての国宝。

庭園と共に紅葉の名所との事。

平安末期に建立されたという非常にどっしりとした、

歴史を感じさせる外観。

阿弥陀堂のご本尊は無論阿弥陀如来

有名な所では鎌倉の大仏。

また「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)

その言葉でも馴染みのある名前。

あの日以来、時折考える事なのですが、

理不尽な不幸。

それらに宗教はどう応えるのかなと。

私のような不信仰な者は地獄に堕ちる。

そう言われてもかまいませんが、

信仰熱心な方。

または悪い事など何もしていない方。

そう言う方々にも理不尽な不幸は訪れる。

病気や事故、犯罪に天災。

様々な理不尽。

旧約聖書には「ヨブ記」という物語。

神を敬う正しい義の人。

そしてかなりの大富豪。

その無垢な人に、これでもかぁ、これでもかぁと苦難。

生まれて来た事を呪う程。

正しい人にも不幸は訪れる。

悪い事をしなくても不幸は訪れる。

この21世紀の日本とて、

ニュースを見ていればそんな話ばかり。

神・仏の罰なのか。

神・仏からの試練なのか。

それとも本人が悪いのか。

単に運が悪いのか。

神というもの。

仏というもの。

名はともかくそれら全能者がいるのなら、

人をここまでなぜ苦しめるのか。

見えない大きな何かを信じれば、

理不尽な不幸から救ってくれる。

少なくともそんな事はない。

私はそう思っています。


マルちゃん ふわふわのたまごとじうどん

東洋水産

97円(マルキョウ)