読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

明星 究麺 どろ系 砕き豚骨

今日は曇り。

厚い雲が幾重にも広がり、

昼過ぎまで大変強い風が吹いた佐賀市

ただまとまった雨にはならず。

今日の仕事終わりはこちら。

「明星 究麺どろ系 砕き豚骨」

以前、同じようなエースコック製を食しましたが、

骨が砕ける程の豚骨スープ。

ここ佐賀市では幸陽閣やいちげん、

もとむら等を思い浮かべますが、果たして。

中身は液体スープと粉末スープ、そしてかやく。

スープの量はこれまたかなりの量。

ちなみに全て後入れ。

5分待って出来上がるととろみが凄い。

ただ豚骨を煮出した結果のとろみとは、

かなり異なる片栗粉でといたようなとろみ。

少々くどい。

そのスープが絡み付く麺は、

最近よく見る「まるで生麺」的存在感。

私は少々苦手。

総じて面白みのあるカップ麺。

ただ現実のラーメンを意識すればする程、

どうも科学の実験的結果になる印象。

カップ麺。

エアコンなしでは食せなくなって来た事を改めて(笑)


今日想った事。

九電の原発再稼働手続き、川内が先行か

いよいよ。

再稼働へ「世界一の厳しさ

どのような安全対策を加えても結果は同じ。

壊れるときは壊れる。

今回の申請に含まれていない、玄海1、2号機。

特に、最も古い1号機はおそらく廃炉

危険だからではなく、新基準に合致させるには金が掛かり過ぎる為。

ということで話は元に。

捨て場所もなく動かしてよいのか。

今、第一原子力発電所跡地で出続ける膨大な高濃度廃棄物。

止まっていても出続ける高濃度廃棄物。

そしてすでにある高濃度廃棄物。

さらに廃炉で出る高濃度廃棄物。

その象徴。

増え続ける汚水タンク。

狭い国土、高濃度放射性廃棄物だらけ。

動かさなくても足りてる電力なのに。


明星 究麺 どろ系 砕き豚骨

明星食品

258円(ローソン)