読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

武雄市図書館

今日は曇り。

朝方強い雨が降ったものの、

その後は曇り空。

湿った風が涼しく感じた佐賀市

気温26℃前後。

今日は仕事が休み。

そろそろ落ち着いたであろうこちらへ。

武雄市図書館」

大手テレビ局を含む大報道された日々から、しばらく。

それでも、かなり大勢のお客さん。

図書館部とスターバックス・ツタヤ部。

どちらかと言えば、後者にお客さん。

個人的に、多くの方々が賞賛するスターバックス併設には、

やはり違和感。

特に、飲食しながら購入前の本、雑誌が見られるそのシステム。

しかしそのシステムが、お客さんを呼んでいる事実。

そしてその空間は確かにオシャレ。

今日はテラスにも大勢のお客さん。

写真は西日本新聞

ツタヤとスターバックスの併設には異議なし。

そのシステムがお客を呼んでいる。

特にスターバックスに。

ただその舞台が大規模商業施設でなく市立図書館。

そこに異議あり

図書館としては良くなったのか。

新刊は増えたのか。

ただ問題提起を形として実行する武雄市長には賛同。

過程、結果はどうであれ「変える」

その一点において。

その帰りにこちらへ。

「精養軒」

武雄市は北方町にあるラーメン店。

薄いピンク色の外観。

裏には焼肉メニュー。

ラーメン。

うっすらとした豚骨の香り。

かなり脂身が柔らかな豚肉が印象的。

おそらく今までもこれからも変わらない味。

そして変わらなくてよい味。


今日想った事。

県立図書館の将来像協議 地域事情含め広範論議を

佐賀県立図書館、誰が見ても著しい老朽化。

革新的旗ふり役がいなくても。

スターバックスがなくても。

ツタヤがなくても。

iPadがなくても。

地味ながらしっかり真面目な佐賀らしさ。

変えるべきはハード面だけではなくソフト面。

人が来る図書館。

それを安易な方法ではなく真面目に。

税金を使わなければならないと、

誰もが感じさせるものを。


精養軒

ラーメン 500円

北方町大字志久3376-1

11:00〜23:00

0954-36-2766

木曜定休