読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

パシフィック・リム

今日は晴天。

久しぶりに見た青い空。

少々空気が冷たかったものの、

暖かな日差しを感じられた佐賀市

明日から天気は下り坂。

今日の仕事終わりはこちら。

パシフィク・リム

今年の夏に公開されたSF映画。

当時、盛んにCMが流れていましたが、

これぞと言わんばかりの「ロボットもの」

ストーリーは単純明快。

太平洋から現れた巨大生物「カイジュウ」

次々と都市が破壊されて行く中、

人型巨大戦闘兵器「イェーガー」戦いを挑む。

幼少の頃よく見たロボットアニメそのもの。

公開当時は、さすがに今更ロボット映画でもないだろうと、

見に行きませんでしたが、映画を見終わりちょっと後悔(笑)

この人形兵器がなかなかのデザイン。

画像はアメリカ機ですが、

登場する日本機、ロシア機、中国機でデザインが異なるのも面白い発想。

各国ともアナログなブリキのおもちゃを連想させる懐かしさ。

またやたら設定が凝っている。

さらに機械的描写が細かい。

作り込まれたCGと合わせて全てが過剰な情報量。

そしてその情報量が、

「あり得ない話」を「あり得そう」だと感じられる世界観。

倒された「カイジュウ」の死体を分解して商売するなんて、

かなりのリアル。

その圧倒的CGの世界にほんわかと人間味。

台詞はないものの、いい役どころ。

総じてグタグタ深読みせず、

単純明快なアクションを楽しめば良い映画。

1800円では高い気がしますが、

240円なら十分楽しめる娯楽作品。

「悪いものが来たからみんなでやっつける」

使い古された言葉ですが、

世界が互いに結びつくには、圧倒的な「悪」が必要。

「悪役」ではない悪が。

我々人類にとっての悪とは何か。


パシフィク・リム

ワーナー・ホーム・ビデオ

240円(ゲオ)