読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

エリジウム

今日は曇りから晴れへ。

雲が目立つものの晴れ間の多い天気へ。

ここ数日に比してかなり冷え込んだ佐賀市

前日比10℃以上の気温落差にはただただ驚き。

今日の仕事終わりはこちら。

エリジウム

明日、2月5日よりレンタル開始。

第9地区」と言う

貧しい異星人が印象的なSF映画、ニール・ブロムカンプ監督長編2作目。

昨年の夏に結局行けずじまい。

テーマは「格差社会

2154年、完全に二分化された世界。

ひと握りの富裕層はスペースコロニーエリジウム

その他大勢は荒廃した地球での貧しい暮らし。

その最たるものは、

「目尻の小じわからガンまで」

全てを治癒するアーマダイン社の医療ポッド3000。

一瞬で病気を検知し治療。

その恩恵を受けるのは、超富裕層たるエリジウム市民7946名のみ。

未来の話で今の世の中と同じ構図。

不法移民。

過酷な労働環境

貧困層の負の連鎖。

使い捨てられる労働者と傭兵。

絶対的医療格差。

一言で言えば、ユートピアとデストピア。

ジョディフォスターは管理された理想郷の悪役。

複雑なのは、未来の話ではなく、今、現在。

いわゆる先進国と発展途上国

監督は南アフリカ出身。

最近の流行に沿ったスタイリッシュSFなので、

細かな設定や早過ぎる展開、そしてラストのまとめ方は良しとして、

最も基本となるテーマは、医療格差。

そんな気が。

朝日新聞デジタル

新万能細胞、海外研究者から賛辞 / 「革命的だ

小保方博士の語る、「100年後に貢献しうる仕事をしたい」

その100年後の世界。

サガハイマット

ここ佐賀に位置する九州初・民間初、

九州国際重粒子線がん治療センター

 「サガハイマット(SAGA HIMAT)

その100年後の世界。

「バラ色の未来」に突き進む日本。

果たして誰にとって。


エリジウム

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

240円(ゲオ)