読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

帰ってきたヒトラー

今日は曇り空。

雨は朝方に上がったものの、

その後分厚い灰色の雲。

10℃前後の気温とはいえ、風が強くかなり寒く感じた佐賀市

明日も天候不順の予報。

今日の仕事終わりはこちら。

帰ってきたヒトラー ティムール ヴェルメシュ:著 森内 薫:訳」

佐賀市立図書館から借りた小説。

まだ一読なので、詳しくは語れませんが、

かなり惹き込まれるその内容。

内容が分かってしまうので、

詳しくは書きませんが、Amazonでの紹介。

 「2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。

  彼は自殺したことを覚えていない。

  まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、

  彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。

  勘違いが勘違いを呼び、彼はテレビのコメディ番組に出演し、

  人気者になっていく…。」

簡単に言ってしまえば、今までよく見たヒトラーの描き方。

それとは全く異なる物語。

ヒトラーとは、

1940年代と言う戦争の空気に満たされた時代が生んだ、

今から見れば、理解不能などうしようもない悪人。

そんな「特別な時代のたぐい稀な変わり者」ではなく、

今の世でも、人心をつかみ、時代を変える「何か」

それを持つある意味「魅惑的な人物」

そう思わせる、今の世、一人称で進む物語。

ヒトラーとその時代は、特別な時代の特別な事柄ではなく、

今の世でも十分あり得るごく普通の事。

歴史は常に作られている。

そんな気が。


帰ってきたヒトラー

ティムール ヴェルメシュ:著 森内 薫:訳

河出書房新社