読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

スタートレック

今日は曇り空。

明るい薄い雲。

比較的涼しさを感じる佐賀市。

7月に入り、引き続き過ごしやすい梅雨時。

 

今日は仕事が休み。

子供達は、部活。

私はこちらを。

「スター・トレック」

f:id:hishi07:20140705233515j:plain

1980年日本公開作品。

テレビシリーズを終え初の劇場作品。

Star Trek: The Motion Pictureの頭文字を取り「TMP」

 

30年以上前のSF映画。

私が小学生の頃、テレビシリーズの再放送があり、

かなり熱心に見ていた記憶。

派手な戦闘シーンなどはありませんでしたが、

太陽系内ではなく深宇宙を探査し多彩な異星人とのドラマが深み。

f:id:hishi07:20140705234115j:plain

この映画第1作は初めて見ましたが、

想像以上に古さを感じさせない物語。

 

ヴィジャーと言う巨大宇宙船。

機械惑星とすら呼べそうな存在は地球を目指し、

それを阻止する為にエンタープライズが出動。

普段、洋画は音声英語で字幕日本語で見ていますが、

今回ばかりは音声日本語。

やはりカーク船長の声は声優さんの方がしっくりくる。

 

最近の作り込まれすぎたCGとは異なるミニチュア全盛。 

映像表現に時代を感じさせるものの、

物語そのものは、スタートレックらしい深みあるもの。

f:id:hishi07:20140705235111j:plain

巨大宇宙船が、実はアメリカが打ち上げた、

宇宙探査機ボイジャーだったという意外性もなかなか。

(劇中では架空のボイジャー6号)

 

カーク船長の年齢を感じさせる衰えを妙に感じるものの、

これから大きな旅が始まる。

そんな予感を感じさせる終わり方。

f:id:hishi07:20140705234135j:plain

攻めて来るばかりの異星人話全盛。

地味ながら劇場版スター・トレック。

この先もちょくちょく。

 

ちなみにそのスター・トレック。

第3作目も始動。

『スター・トレック』3作目の監督にロベルト・オーチーが決定

前2作が地球周辺の話だったのに比して、

新作は深宇宙への探査がテーマな模様。

公開は2016年予定。

 

どうする事も出来ない硬直した国内情勢を打破する為に、

戦争を近づけるような話題で乗り越えようとする我が国と隣国。

そんな昔ながらのやり方ではなく、

国民の注意を引くのならやはり宇宙。

f:id:hishi07:20140705234951j:plain

「日本人を火星へ!」

これぐらいのスローガンで日本を引っ張って頂きたい所。

どうせ税金の無駄遣いをするなら、派手な方がいい。

 

七夕近づく昨今。

宇宙に想い。

 


スター・トレック

パラマウント映画

75円(ゲオ)