読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

最後の誘惑

今日も雲が多少浮かぶものの青空。

時間と共に風が強くなってきた佐賀市。

台風、接近中。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「最後の誘惑」

f:id:hishi07:20141011001649j:plain

先だって「ノア 約束の船」を見ましたが、

ふと思い出したこちらのDVD。

レンタルではなく10年以上前に購入。

 

新約聖書に基づきながら人間イエスを描いた名作。

非キリスト者から見ても衝撃的解釈で。

f:id:hishi07:20141010214543j:plain

イエス役は、ウィレム・デフォー。 

イエスは聖人君主ではなく、

ローマに処刑される人々を吊るす十字架職人。

処刑場まで十字架を運び、同族から唾を吐かれるシーンすら。

f:id:hishi07:20141010214602j:plain

そして史実では裏切り者のユダは親友で刺客。

マグダラのマリアは幼なじみの娼婦。

f:id:hishi07:20141010214620j:plain

マグダラのマリアを救う話や山上の垂訓。

12使徒との出会い等概ねのストーリーは新約聖書。

その中でも、ヨハネの描き方と出会いは衝撃。

カルト教団を通り越してオカルトめいている描写。

f:id:hishi07:20141010214648j:plain

全般、イエスの言動と表情が感情的なのが印象的。

f:id:hishi07:20141010214711j:plain

神の意志を成就させる為に、自らを捕まえさせろとユダに命じ、

蔑まれ苦しめられ十字架に。

 

想像を絶する痛みと苦しみの中、意志が揺らぐイエス。

死を恐れるイエス。

神はなぜ私をお見捨てになるのか。

すると天子が現れ、「もういいじゃない」と。

「もうがんばったんだから、普通の暮らしをしてみたら」と誘う。

その誘惑に乗り仕事と子どもそして家族。

営まれる普通の生活に年老いて行く日々。

 

晩年。

神に呼ばれ死の床にあるイエスを訪問する弟子達。

裏切り者とイエスに詰め寄るユダ。

神は天子を使わし私を救われたと語るイエス。

あれは悪魔だと答えるユダ。

 

神の意志を貫けなかった強烈な後悔。

「最後の誘惑」に乗ってしまった自らを後悔するイエス。

そして最後は・・・・・

f:id:hishi07:20141010214826j:plain

「悔い改める」とはどういう事か。

それを具体的に感じさせてくれる名作。

映像的には新約聖書そのままの宗教描写ばかりにも関わらず、

宗教っぽさを感じさせない本質。

ぜひ。

 


 

最後の誘惑

ソニー・ピクチャーズ・エンターティメント

3800円(税抜き)