読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

カップ麺日清

今日は晴天。

きれいな青空に明るい日差し。

絶好の行楽日和を迎えた佐賀市。

 

今日は仕事が休み。

お昼にこちら。

「カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ」

カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

11月2日、

日清よりリニューアル販売。

同時発売は「和風タラコ」

「もう、イタリア人の評価は気にしない」

その広報には惹かれるものの、

私はそもそもたらこが嫌い(苦笑)

と言いますか、

うずらより小さな卵が嫌い。

 

ということで、

ボロネーゼ。

カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

中身は液体ソースと調味オイル。

液体ソースはそのまま、

粘度高めなトマトケチャップ

5分待って出来上がると、

トマトの香り。

カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

強くも弱くもないトマト風味。

いわゆるミートソースとも違い、

ナポリタンとも違う。

 

さらに麺。

 

焼きそばとも違いラーメンとも違う。

無論、カップヌードルとも。

パスタとも違う雰囲気でしたが、

このままリニューアルを繰り返せば、

いつかカップ麺の「新ジャンル」

そんな気が。

 

違うまとめをしようと思っていたのですが、

こちらのニュース。

www3.nhk.or.jp

もし私のブログを見ていて、

理由はなんでもいいのですが、

この先、

死のうと思っている方がいるのなら、

一言。

 

絶対に、

自から死ぬ必要はない。

 

ほっておいても、

死ぬ時は死ぬ。

 

死なないのなら、

言い換えれば、

今のまま、死なないのなら

生きる理由がある。

 

今、

辛くても生き抜く必要がある。

 

その理由が今、

分からなくても。

 

若くても、

年を重ねていても、

死にたい時は確かにある。

 

ただ死ぬ時は死ぬのです。

生きたいと思っても、

生き続けたいと思っても。

 

自身の意思とは関係なく、

どうしようもなく、

死ぬ時は死ぬ。

 

なので、

もし死のうと思ったら、

もう少し生きる。

 

生きてみる。

 

辛くても、

恥ずかしくても、

どうしようもなくても。

 

そう、ぜひ。

 


カップヌードル パスタスタイル ボロネーゼ

日清食品

170円(マックスバリュ)