読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

「悪人」の季節

今日は曇り。

明るい曇り空であるものの、

かなり寒さを感じた佐賀市。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「悪人」

publications.asahi.com

吉田修一氏原作の小説。

李 相日(り・そうじつ)監督の映画。

両方とも素晴らしい作品ですが、

私の感情が動くのは、

どちらかといえば小説版。

悪人

「悪人」

物語の季節が今の時期。

クリスマスから年明けにかけて。

 

寒空の北部九州。

ごく普通の2人の、

普通でない逃避行。

「誰が本当の悪人なのか・・・」

 

私が書くと、

陳腐な恋愛話になってしまいますが、

小説版の深い書き込み。

映画 悪人

映画版の脇役の役力。

共に物語が、

「現在進行形」だと思わせる世界観。

映画 悪人 深津絵里

まさしく名作。

長崎 樺島灯台

舞台は福岡、長崎、佐賀。

佐賀の描き方が的確ゆえに、

ここ佐賀では幾分、不評でしたが、

見慣れた佐賀の風景が出てきる点も

感情が入りやすい点。

この映画で灯台が好きになりました(笑)

波戸岬灯台

ここが佐賀が舞台なんだと。

映画悪人

劇場での再公開は望めそうもありませんが、

小説版は、佐賀県立図書館・市立図書館にも。

映画版はレンタル店にありますので、

ぜひ。