読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

コントレール〜罪と恋〜第5回「残酷な恋の終わり」

今日の朝方は雲が目立ったものの、

その後晴天。

強い日差しに既に初夏。

夜はかなり涼しさを感じる佐賀市。

このまま梅雨が来なければ良いものを。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「麦秋」

2016 麦秋

佐賀はお米と小麦・大麦の二毛作。

今、まさに麦が金色。

佐賀出身の方々は何とも思わないようですが、

これは見事。

特に佐賀空港へ至る、

直線道路の辺りはきれい。

佐賀県最大の観光地となるオスプレイ佐賀空港。

着々と準備。

県や市に落ちる税金だとか、

一次産業へ流れる迷惑料とか、

そんな小さな話でぐだぐだしてもダメ。

一般市民、そして国民は離れていきます。

 

全ては観光化。

 

県も漁協もチマチマと見てないで、

観光軍事基地に出来ないのなら、

断る。

その気位で。

 

そして夜。

「コントレール〜罪と恋」

コントレート〜罪と恋

今日は第5回目。

井浦新

井浦新さんが、

石田ゆり子さんに別れを伝えた、

「残酷な恋の終わり」

 

ご主人を殺したのは、

僕です。

 

申し訳、

ありませんでした。

 

法律的にどうであれ、

あなたのご主人を殺したのは事実です。

 

あなたに、

一筋の光を見てしまいました。

 

そのことにも宿命を感じました。

 

僕のことは忘れてください。

 

僕も文さんのことは忘れます。

 

夜遅くにすみません。

帰ります。

 

さよなら。

お元気で。

 

井浦新さんの

未来への言葉はすべて過去形。

 

警察はなんで逮捕しなかったの。

 

ですから、

警察も罪に問いませんでした。

 

これからは、

友樹の母として生きます。

 

ごめんなさい。

 

そうですか・・・・

自分の思いは封印します。

封印して青木さん親子を応援します。

 

警察なんて2度と信じない!

コントレート 第5話

結構辛い役。

 

今、私を呼んだ・

(涙) 

 

すき焼きを最後に1人で食べ進める姿。

 

県道が開通し、

暇になった店内。

そして桜散る中での再会。

 

幻だったの・・

 

本物の瞭司さんだった・・・(涙)

コントレート 第5話 井浦新

繋がる心。

繋がる人と人。

 

たとえ、

生きていても死んでいても。

 

コントレール〜罪と恋〜

NHK