読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

コントレール〜罪と恋〜第7回「消せない傷」

今日は薄曇り。

白い雲と薄い青空。

早朝と夕方の空にはバルーン。

田んぼには水が張り始めた佐賀市。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「コントレール〜罪と恋〜」

f:id:hishi07:20160506225618j:plain

 私は東京で佐々岡さんと暮らすことにした。

 

お父さん、15分のバスに間に合わないわよ。

 

行ってきます。

 

お父さんって呼んでほしいな。

 

やだ。

f:id:hishi07:20160603230923j:plain

私は幸せなはずだった。

 

東京簡易裁判所で出会う2人。

 

長部先生。

弁護士に戻られたそうですね。

 

実は自分、文と結婚したんです。

 

そうですか・・・おめでとうございます。

 

過ぎた日を断ち切るように、

その日も野菜を切り続けた。

 f:id:hishi07:20160603231023j:plain

大丈夫? 瞭司さん・・・・

 

文さん・・幸せなんだね、きっと。

 

気をつけてね。

いってらっしゃい。

 

行ってきます。

 

好きになった時は、

何も知らなかったの。

 

知って別れたの?

 

佐々岡さんに乗り換えたの?

f:id:hishi07:20160603230948j:plain

あんたたちおかしい。

 

私は、何のために、生まれてきたの・・・

 

生きていくのはこんなに悲しいの・・・・

 

敦が生きていたらね・・・・・

f:id:hishi07:20160603231003j:plain

もう息をするのも、やだ。

帰って。

 

生きてることはみんな悲しい。

だからその悲しさを忘れるために。

わたしはあの人を好きになったんだ。

瞭司さんもきっと・・・

悲しみを忘れるために・・・・

 

私のせいじゃない・・

私のせいじゃない・・・・

 

長部先生、お客さん。

 

私のこと、覚えてますか。

f:id:hishi07:20160603231039j:plain

ガーデンテラス。

 

あなた何をしにここにきたのですが。

 

私は見ました、目の前で。

 

白いコートの・・・

 

そうです。

 

殺したのは僕です。

 

どうしてあなたは裁かれなかったのですか。

 

この傷がきえないように、

僕の罪も消えません。

 

2つの気持ちが次々と心に突き上げてきて、

僕は動けませんでした。

 

あの時の優柔不断さが今も許せません。

 

じゃぁ償って。

償って。

償ってください。

 

どうしろっていうの。

 

瞭司さんが死んでも、

あなたは報われない。

 

あなたが言うように、

あの時から時計は止まってしまったの。

 

その時、私は瞭司さんと出会ったの。

 

生きる希望を見つける事ができた。

 

結果的に別れるしかなかった。

 

だから生きていくしかないの。

時計を進めるしかないの。

 

だからあなたも時計を止めたままにしないで。

 

だって敦さんはいない。

私をかばって死んだ。

私の身代わりに。

 

私をかばっていなければ、

敦さんは・・・・

 

誰のせいでもないのよ。

 

帰ります。

 

駅まで送っていきます。

 

瞭司さん、

瞭司さんも時計を進めてね。

 

文さんも。

f:id:hishi07:20160521001522j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・

えー。

まさかの2人同時、事故・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの番組のファンです。

ただ毎回、

衝撃的なラストの後に流れる曲がきらい。

どうしても物語に合わない気が。

鈴木雅之さんも、

玉置浩二さんも好きなアーティストですが、

この曲はこの番組に合わない。

 

番組が教えてくれる事は、

「泣きたいよ」ではないはず。

 

今日、知ったのですが、

原作というより脚本が発売されている。 

f:id:hishi07:20160603231239j:plain

これは次回最終回が終わったら。

 

今回、

終わった恋愛の先。

それを見せつけられた感。

「恋愛」でなくても良いのですが。

 

最近まったく聞きませんが、

「駆け落ち」とか「心中」

そういう破滅的な選択ではなく、

生きて行くという事、前提の。

 

「人に残る想い」

それはそれとして心に残し、

先に進む。

生きているのだから。

生きなければならないのだから。

 

恋愛は色々。

人に言える恋も言えない恋も。

 

こうまで、

劇的な物語はそうそうないでしょうが、

恋愛は誰にとってもドラマ。

 

幸せとは、

結局、何か。 

 

 

コントレール〜罪と恋

NHK