読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

堀江 貴文氏講演会 ビジネスから巻き起こす「地域再興」~みんな de 佐賀さいこう!~

ライフ

今日は薄い曇り空。

じめっとした梅雨らしい佐賀市。

夜になっても蒸し暑さ。

かろうじて風が涼しさを。

 

今日は仕事が休み。

お昼から唐津まで。

唐津城

熊本城に想いを・・・・

唐津青年会議所 チラシ

この横丁の先。

唐津市ふるさと会館アルビノ。

堀江氏 唐津

堀江 貴文氏講演会

ビジネスから巻き起こす「地域再興」~みんな de 佐賀さいこう!~

唐津青年会議所主催。

唐津に堀江氏が。

 

600名という参加者。

かなり幅広い年代。

ビジネスから巻き起こす「地域再興」~みんな de 佐賀さいこう!~ ホリエモン

地域再興というテーマでしたが、

堀江氏自身はさほど意識していなかったようで、

東京を真似ず、世界を見ろと。

それを上手に唐津と絡めて話されていました。

堀江氏 唐津

大手テレビ局は大手新聞社と根は同じ。

流行りはテレビが作る以上、

全ては「東京」

堀江氏 唐津 講演会

なので企業は、

バーチャル東京を地方に作る。

コンビニであり、大規模商業施設。

東京と同じ食べ物、飲み物、着るもの。

それを地方で。

それじゃダメ。

自身がマスコミを買収した過去と絡めて。

ビジネスから巻き起こす「地域再興」~みんな de 佐賀さいこう!~

この先、人口減、少子化。

年金も含めて厳しい状況。

行政サービスは必ず行き届かなくなる。

過疎地等インフラの維持もできない。

必然的に都市部にまとまる必要がある。

f:id:hishi07:20160611154925j:plain

庶民は安さを求める。

牛丼1杯、数百円と言うのは異常。

それが実現出来ているのは、

従業員か製造過程に無理をさせている。

飲食業のブラック化。

安くて旨いは、ありえない。

その考えは捨てる必要。

 

日本に外国人が大勢来ているのは、

素晴らしいサービスが安価に提供されているから。

こんなに素晴らしいサービス、

美味しい飲食物。

それらがこんなに安価に提供されている国はない。

それを大手マスコミは持ち上げる。

しかし事実はそうではない。

素晴らしいサービスには、

高価格であるべき。

ビジネスから巻き起こす「地域再興」~みんな de 佐賀さいこう!~

地域再興には、

よそ者を入れること。

日本人ではなく、

外国人。

違う視点で現状を見てもらえれば、

我々が思わぬ価値を見つけてもらえるかも。

 

大手マスコミに情報を流してもらうのではなく、

youtubeなりInstagramなりブログなりで、

多数のフォロワーのいる人に情報発信してもらうべき。

 

重要な事は、

よそ者を入れる。

すぐにやる。

 

特に思ったことをすぐにする。

行動する。

それが重要。

 

全体的に、

氏の嫌う大手マスコミが流す氏の印象より、

かなり落ち着いている印象。

 

ただ最後に設けられた質問時間。

良い意味で叱咤激励。

声の張りからして、

これが本来の氏らしさ。

そんな感。

 

短い時間ながら、

面白かった時間。

 

思った事をすぐに実行する。

それは実践しようと。

 

そしてこれからは、個。

そう改めて。

 

そしてもう一つ。

昨日終わったコントレール。 

成功者に勝つ愛

やだ、もしかしてあの人の事が忘れられないとか。

 

もう文は人妻なんだからダメだよ。

 

今はもうダメ。

 

中学や高校の頃は私たち夢がいっぱいだったじゃん。

だけど歳をとるごとにどんどん諦めだでしょ。

これからもその連続だから。

文も早く慣れなきゃ。

 

そうだね。

 

諦めなくて良いこと。

諦めなくて良いことは必ずある。

 

堀江氏の様に成功者。

そうじゃなくても。

 

幸せとは何か。

 

多くの仕事はこの先、IT、ロボットに奪われる。

だから人は遊ぶしかないと説く、

この完全に勝ち組の方に負けない庶民の幸せとは何か。

 

小さな幸せの集合体。

我が国がそうなれば。