読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

マクドナルド 1955 スモーキーアメリカ

今日は晴れ。

きれいな青空に強い日差し。

夏本番を思わせた佐賀市。

夜になっても30℃越え。

雲の合間から星。

 

今日の仕事終わりはこちら。
「マクドナルド」

f:id:hishi07:20160702112334j:plain

本日6日より始まったマクドナルドの新キャンペーン。

 

マクドナルド世界第1号店がオープンした1955年。

これを記念し「1955 スモーキーアメリカ」

東京、銀座に日本第1号店がオープンした1971年。

これを記念し「1971 炙あぶり醤油ジャパン」

この2つの中から、

私が選択したのは前者。

1955 スモーキーアメリカ。

マクドナルド 1955 スモーキーアメリカ 包装紙

予想外に紙包装。

英字新聞風な。

 

これを開けてみると、

これまた予想外、

かなり立体的。

マクドナルド 1955 スモーキーアメリカ

何より印象的なのは、

大きなクォーターポンドパティ。

オリジナルハンバーガーの約2.5倍。

これは大きい。

ただ味付けが不思議。

オリジナルと同じ比率の味付けが、

そのまま2.5倍になったかのように、

胡椒っぽさが薄まっている。

なので妙にマクドナルドらしくない。

パサパサ感は間違いなくマクドナルドですが(笑)

1955 スモーキーアメリカ

その上の比較的大きなカットのレタス、

ベーコン、玉ねぎ、トマト。

これが前述通りかなり立体的。

マクドナルドにしては、ですが(笑)

さらに広報の写真、CM程ではありませんが(苦笑)

 

最上部に「1955ソース」

広報通りかなりスモーキー。

ナゲットのバーベーキューソースにも似た風味。

好き嫌いは分かれるものの、

全てをまとめるには、

強くもなく弱くもなく、

程の良さ。

マクドナルドらしくありませんが(笑)

 

ひょっとすると日本マクドナルド。

ワイルドでジャンキーなハンバーガーだけではなく、

基本を大切にしたハンバーガーを出せるかも。

そんな期待を抱かせた新作。

予想外。

 

これで価格が390円なら文句なし。

足し算のハンバーガーではなく、

引き算のハンバーガー。

ぜひ。

 


 

マクドナルド 1955 スモーキーアメリカ

マクドナルド

490円