読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

沈黙-サイレンス-

 

今日は晴天。

薄い青空であるものの、

雲ひとつない空。

日差しも暖かく

心地よい冬の日だった佐賀市。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「沈黙-サイレンス-」

chinmoku.jp

仕事終わりの早朝。

イオンシネマ佐賀大和。

ハッピーモーニング割引と言う事で、

大人1300円。

常時この程度なら良いものを。

 

それはともかく、

平日の午前中。

それでも15名程のお客さん。

やはり私が最年少(笑)

イオンシネマ佐賀大和 沈黙

沈黙-サイレンス-

マーティン・スコセッシ監督。

原作は遠藤周作氏。

 

時代はキリスト教弾圧時。

信者にとって、

宣教師にとって、

地獄のような状況下においても、

なぜ、神は沈黙しているのか?

そして神を信ずるものは、

どのように行動すれば良いのか。

「人の弱さに寄り添う」とは、

具体的にはどのようなことか・・・・

映画 沈黙

それぞれご覧になる立場で、

見る視点がかなり変わるであろう宗教作品。

キリスト者の視点。

仏教を信ずる方の視点。

無宗教者の視点。

 

しかし、

宗教的観点以外からも、

十分楽しめる物語。

映画 沈黙

日本人俳優さん達が、

英語と日本語を織り交ぜ、

物語を進めるので、

少々不思議な違和感も含めて。

 

キリスト教、

仏教、

それらだけでなく、

日本国。

それを感じさせてくれる名画。映画 沈黙

息つく暇のない約3時間。

そして耳に残る九州言葉。

 

ぜひ、九州の皆様に。

 

この先、

数回に分けて私なりの感想を。

 

 

 

沈黙-サイレンス-

マーティン・スコセッシ監督

KADOKAWA