読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

エクス・マキナ( Ex Machina)

今日は曇り。

弱い雨が降ったり止んだり。

10℃を越す気温ながら、

風が強く寒さを感じた佐賀市。

早くも2月終盤。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「エクス・マキナ」

Ex Machina

2016年公開の、

人工知能を主題としたSF映画。

ちなにみ佐賀では未公開。

hishi07.hatenablog.com

映画版「わたしを離さないで」

こちらでの脚本家、

アレックス・ガーランド氏初監督作品。

Ex Machina

Googleの描く未来と言う暗喩。

AIに力を注ぐ各企業の暗喩。

それらもあるでしょうが、

私が最も感じたのは、

保存時代。

ハードディスク、SSD、クラウド、

それらを通じた保存時代。

 

映像、言語、態度。

それらが完璧に保存されると、

人は嘘がつけなくなる。

人を困らす嘘はいけませんが、

人を円滑にする嘘はある程度必要。

それが出来なくなる、

「正論」時代に。

 

人を信じるには、

知らない方が良い事が多い。

そんな気が。

Ex Machina

さて、

エクス・マキナ。

現代版、ブレードランナー。

Sean Young

心を持った人工物。

それとの恋愛。

そして悲劇。

Ex Machina

このAva(エヴァ)

非常に斬新な造形。

役者さんはスウェーデン出身

アリシア・ヴィキャンデル氏(Alicia Vikander)

瞳の動かし方が上手。

人の心に付け入る前と後で、

瞳の力が違う。

f:id:hishi07:20170223132822j:plain

テンポ良く、

ストーリーの意味を

様々に考えさせられながら、

最後はB級。

f:id:hishi07:20170223132840j:plain

結局、

AIが人を出し抜く。

その未来は、

こんな分かり易い話ではなく、

知らず知らず に我々の側に。

 

検索エンジンの見ている先。

我々が日々、

打ち込んでいる数々の情報。

そして今のAIの状況。

人工知能関連本

週末は少々勉強(笑)

 


 

 

エクス・マキナ

アレックス・ガーランド監督

フィルム4プロダクションズ
DNAフィルムズ