読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

64-ロクヨン-前編/後編

今日は曇り空。

朝晩は花冷え続く佐賀市。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「映画64-ロクヨン-」

映画64
 DVD

私は映画の、

前編、後編の2部公開には反対。

やはり

1本にまとめるべきだと思いますが、

この映画は、

なかなかの面白さ。

64 パッケージ

わずか1週間だった昭和64年。

そこで起こった誘拐殺人事件・・・・

そのフレーズも、

あの時間を経験した人間には、

郷愁・・・・

 

映画はまとまり良し。

派手さはないものの、

一言で言えば、

日本的。

f:id:hishi07:20170427224645j:plain

今の時代珍しく、

男くさい映画。 

f:id:hishi07:20170427224529j:plain

「私はこの先も、またこの先も、

 あなたの下で仕事がしたい。

 ですから・・・・・」

 

「行かしてくれ・・・・

 こっから先は、俺1人だ」

 

カッコ良すぎ、

佐藤浩市氏。

f:id:hishi07:20170427224626j:plain

最近めっきり見ない、

電話ポストがいい味。

 

さてその昭和64年。

今でも明確にその時が記憶。

 

当時、

私は東京に住んでいたのですが、

空気が止まった感じ。

テレビは常に、

事に備えていて、

奥歯に物が詰まった報道ばかり。

 

あの時、

昭和天皇崩御報道の陰で、

隠された事実も数多くあったと、

改めて。

 

 

64-ロクヨン-前編/後編

東宝