読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

N-WGN Custom車検代

今日は薄い晴天。

引き続き黄砂舞う佐賀市。

日差しは強く、

さながら夏。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「N-WGN 車検」

 

購入してから3年目を迎えた、

「N-WGN Custom」

全く困った事がなかった3年間。

さすが国産車。

N-WGN  Custom車検 整備内容

初車検は清掃、点検、消耗品の交換程度。

窓まで落ちたsmartが懐かしいほど(苦笑)

N-WGN  Custom車検代

で掛かった金額。

総計84000円。

上記には、

自賠責や印紙代等26170円が含まれています。

 

正規ディラーに頼んでこの価格。

まぁこんなものかと・・・ 

N-WGN  Custom 車内

何より嬉しいのは、

洗車(笑)

中も外もピカピカ。

特に車内がきれいなのは、

何となく新車になったような気分。

 

さて、

そのホンダ。

ちょっと気になる限定車。

www.honda.co.jp

S660「Bruno Leather Edition(ブルーノ レザー エディション)」

f:id:hishi07:20170519213551j:plain

なかなか印象的な、

新色ベルベットマルーン・メタリック。

内装のブラウンレザーも実物次第ですが、

落ち着いている色彩。

これなら私のような

さえないおじさんでも・・・笑

f:id:hishi07:20170519213618j:plain

ただS660。

そのスタイリングは、

あまりにも若向け。

それと後方から見たデザインが、

ビートより悪い印象。

これはビートとは異なり、

事実上のタルガトップという

デザイン上の問題もあるでしょうが。

N-WGN ディスプレイオーディオ

それと内装。

かなり出っ張ってる、

センターディスプレイはいかがなものか・・・・

その点、

N-WGNのディスプレイオーディオの方が、

コンソールパネルがフラットで、

すっきりした印象。

ブルーノ レザー エディション カタログ

まぁそれはともかく、

次に乗り換えるのなら、

やはりMT車。

S660、最終モデルが出れば、

少し真面目に考えようかと・・・・

 

今回、少々気になったのは、

6月2日からダウンロードできるという、

S660専用iPhoneアプリ「REV BEAT(レブビート)S660」

こちらの新アプリ、

走行データから、

ギアチェンジのタイミングを判定し、

センターディスプレイに、

「Excellent」「Good」「Bad」の表示と、

音声でドライバーに、

タイミングの良し悪しを教えるというもの。

さらに、走行を重ねるごとに、

専用楽曲等、

アイテムが増える仕掛けもあるとのこと・・・・・

 

ホンダらしからぬ、

MTを愛するドライバーをバカにした話。

 

まぁS660が悪い訳ではなく、

ダウンロードしなければ良い話ですが(笑)

 


 

 

N-WGN Custom車検

ホンダカーズ中央佐賀

84000円