さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 奥深いホラー映画。

今日は曇り空。

強い風が吹いた佐賀市。

時間と共に増す冷たさ。

 

今日は仕事が休み。

気になっていたこちらの映画。

「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」

f:id:hishi07:20180204004709j:plain

1月24日よりデジタル先行配信。

私はiTunes Storeにて。

公開は2017年11月。

 

ペニーワイズと言う怖い顔したピエロ。

ペニーワイズ

こいつが色々悪さをするのだろうと、

思っていましたが、

見終われば、

少々異なる感想。

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。

無論、ペニーワイズ。

悪さしかしませんが(苦笑)

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。

映画の舞台は1980年代。

「ET」や「グーニーズ」に通ずる青春物語。

思春期を迎えた子供達の、

一夏の成長がメインテーマ。

 

青春の真っ只中らしく、

次から次に展開するテンポの早さ。

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。赤い風船

そしてペニーワイズのアメリカンジョーク。

リアルに出会えば笑えません(苦笑)

 

そのピエロ以上に私が感じた恐怖。

それは「親」

もしくは大人。

劇中、ろくな親が登場しない。

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。悪母親

子を病気と思わせて縛る親。

子を力で縛る親。

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。悪父親

子を卑劣な行為で縛る親。

そんな非道な親達(大人)からの解放。

IT/イット“それ”が見えたら、終わり。

そしてやはり考えさせられるのが、

ペニー・ワイズ。

こいつは何者なのか?

大人には見えず、単なる妄想でもなく・・・

 

なかなか深く考えさせられる映画。

2019年に公開される予定の第2章は、

ぜひ映画館でと。 

 

 

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

ワーナーブラザーズ

500円( iTunes Store)