さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

サンポー久留米ラーメン 久留米らしさより・・・・

今日も晴天。

涼しい風が流れる佐賀市。

夜には昨日より少し厚めの三日月・・・・

 

今日の仕事終わりはこちら。
「サンポー久留米ラーメン」

サンポー久留米ラーメン パッケージ

サンポー新製品が、

焼豚ラーメンシリーズに注力し過ぎる中、

定期的にリニューアルされる定番商品。

「とんこつ発祥の地」

大変目立つ白基調のパッケージ。

サンポー久留米ラーメン 食塩相当量

食塩相当量は4.8g

サンポー久留米ラーメン 中身

中身は粉末スープ、かやく、

調味油、あといれガーリック。

久留米にガーリックは、

未だに謎(笑)

 

3分待って出来上がると、

癖のない良い香り。

サンポー久留米ラーメン 出来上がり

細めの麺。

ハート型より厚めのチャーシュー。

久留米らしさと言うより、

サンポーらしさを感じる一品。

 

スープが妙に複雑でない点は、

久留米らしさ・・・・

 

 

続きを読む

久留米ラーメンふくの家 愛敬店 らしくないものの・・・・

今日は晴天。

きれいな青空が広がった佐賀市。

夜には極細の三日月・・・・

 

今日の仕事終わりはこちら。

「ふくの家愛敬店」

久留米ラーメンふくの家 愛敬店

佐賀市民でも、

殆どの方は気にしていませんが、

「久留米ラーメン」

その看板を掲げる同店。

週末の久留米行き。

佐賀でその名残を・・・・

 

ラーメン(360円)

久留米ラーメンふくの家 愛敬店 ラーメン

ブレのない濃いスープと細めの麺。

酸化していないチャーシュー2枚。

これで360円。

過不足ない大衆ラーメンの基本。

久留米より博多に近い印象を持つものの、

本場久留米に2店舗進出とは、

恐れ入る存在感。

 

さずかに、

久留米に行き、

ふくの家に寄ろうとは思いませんが(笑)

 

 


 

続きを読む

丸星ラーメン店 私の知らぬ60年代・・・・

今日は曇りのち晴れ。

雨はさほどまとまらず、

涼しい1日となった佐賀市。

時折キンモクセイの強い香り・・・・

 

昨日の久留米行き。

もうひとつ、こちらへ。

「丸星中華そばセンター」

丸星中華そばセンター 外観 2020

変わらぬ趣あり過ぎる外観。

変わらぬメニューとその価格。

丸星中華そばセンター 2020 メニュー

変わったのは、

営業時間。

これで十分。

何より継続第一・・・・

 

ラーメン(450円)

丸星中華そばセンター ラーメン450円

シンプルな見た目と、

まったりとした純濃スープ。

私の知らぬ1960年代を感じさせる存在感。

店、店員さんの雰囲気、

そしてラーメンの味も含めて・・・・

 

その帰り。

この4月に開店したと言う、

新たなお店へ。

麺庵 えいと

都会でよく見かける、

ラーメン店らしからぬ外観。

麺庵えいと 本日完売

残念・・・・

 


 

続きを読む

丸好 派手・・・

今日は灰色の曇り空。

夜になり弱い雨が降り出した佐賀市。

予報通り・・・・

 

今日は仕事が15:00頃終わり、

この先県境をまたぐことも難しいだろうと、

久しぶりに久留米まで。

 

「丸好」

丸好 看板

記憶と大きくは変わらず、

広い駐車場。

16:00頃で1台のみ。

丸好 メニュー 2020

記憶と変わらぬメニュー。

メインメニューは昨年より50円増。

 

ラーメン(550円)

丸好 ラーメン 550円

輪切り卵に紅生姜、

そしてネギと海苔。

派手な見た目。

少々塩気が強いスープは、

昔ながらの豚骨ラーメン。

私が思う久留米らしさ。

 

新型コロナ騒ぎが収まった頃、

また・・・・

  


 

続きを読む

駅前ラーメンビック・ワン ほっとする赤・・・・

今日は薄い青空。

引き続き良い天気の佐賀市。

暑過ぎず寒過ぎず、

秋日和続き・・・・

 

今日の仕事終わりはこちら。

「駅前ラーメンビック・ワン」

駅前ラーメンビック・ワン

暗くなるのが、

やけに早くなった昨今。

ほっとする赤い看板。

 

ヤング(390円)

駅前ラーメンビック・ワン ヤング

元祖さが格安ラーメン。

チャーシューなしで海苔3枚。

さがらしさ。

 

やや塩気強いスープに、

柔らかめの麺。

重ね重ね、

さがらしさ・・・・

 

 


 

続きを読む