さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

牧のうどん早良店 やはり佐賀市に・・・・

今日は曇り後、大風。

夜はかなり激しい風となった佐賀市。

雨はさほどなく、風のみ・・・・

 

先だっての福岡行き。

帰りにこちらへ。

「牧のうどん早良店」

牧のうどん早良店

長い木製カウンターに、

広い座敷とテーブル席。

完璧な大衆うどん店。

牧のうどん早良店 机上

机上は唐辛子とネギ。

牧のうどん早良店 舌代

メニューは豊富。

かなり多いトッピングメニュー。

牧のうどん早良店 机上注文票

机上のメニュー表に、

自身で記入しても可ですが、

店員さんが聞きながら記入してもくれます。

 

野菜かき揚げうどん(450円)

牧のうどん 野菜かき揚げうどん

エビが目立つ適度な厚さ。

やはり1番の特徴は麺。

牧のうどん うどん

この粘着性が高く、

染み込むようにスープを吸う麺は、

他にない個性。

 

ぜひ、佐賀市に・・・・

 

 

続きを読む

「世界を変えた書物」展 これこそ文化・・・・

今日は明るい曇り空。

台風接近はさほど感じなかった佐賀市。

とにかく、

大きな被害がないよう・・・・

 

昨日の福岡行き。

本来の目的はこちら。

[世界を変えた書物]展

世界を変えた書物展 JR博多ホール

9月13日(金)より29日(日)まで、

JR博多シティ9階JR博多ホールで開催中。

www.kanazawa-it.ac.jp

稀覯書とは

名だたる稀覯書(きこうしょ)が約130冊展示。

稀覯書なる言葉、

初めて知りました・・・・笑

世界を変えた書物展 入り口

上手な演出で特別な空間へ・・・・

世界を変えた書物展 撮影可

外界とは異なる時間と空気。

ショーケースの中には、

世界の文化が。

世界を変えた書物展 展示室内

ルネ・デカルト「方法序説」

1637年初版。

デカルト「方法序説」1637年初版

チャールズ・ダーウィン「種の起源」

1859年初版。

チャールズ・ダーウィン「種の起源」

ガリレオ・ガリレイ「星界の報告」

1610年初版。

ガリレオ・ガリレイ「星界の報告」

稀覯書のみならず、

20世紀の歴史的記録も。

 

合衆国戦略爆撃調査団「広島、長崎への原爆投下の効果」

1946年初版。

合衆国戦略爆撃調査団 広島、長崎への原爆投下の効果

アメリカ合衆国航空宇宙局 「アポロ11号任務記録」

1969年初版。

 アポロ11 号任務記録

とにかく見とれるほどの存在感。

 

歴史的人物が在命中に出版された本の数々。

ニュートン、コペルニクス、

ダーウィンにレントゲン、メンデル等々。

教科書の中の事柄が、

目の前にあるリアリティー。

 

展示場を出ると、

グッズ売り場。

世界を変えた書物展 グッズ販売所

ゆっくり見たかったものの、

30分200円の駐車料金が、

頭の中でチャリーン、チャリーンと(苦笑)

 

続きを読む

新Apple福岡ほぼ完成・・・・

今日は曇り時々雨。

日中でも気温20℃少々。

かなり肌寒く感じた佐賀市。

暑さ寒さも彼岸まで・・・・

 

今日は仕事が休み。

一路、福岡まで。

 

「Apple 福岡天神」

Apple 福岡天神 外観

iPhone11シリーズ等発売日。

13:00過ぎの店内は、かなりのお客さん。

大半はアジアの方々。

iPhone11 Plus

iPhone11Pro。

ミッドナイトグリーン。

 

ガラス感のない艶消し。

これはかなり魅力的。

しかし側面のステンレスが、

私には安っぽく見える。

そして3連カメラの基部が、

マットな筐体からあまりに浮き出て、

取って付けたような印象。

やはり、難・・・・

 

その後、しばらく歩きこちらまで。

「Apple 福岡」

新Apple福岡 外観

現Apple福岡天神より歩いて数分。

移転先の外観はほぼ完成。

新アップル福岡 外観

従来のApple Storeとは、

全く異なるイメージ。

ハードよりソフト。

その表れか・・・・

www.apple.com

Apple福岡天神 9月28日オープン

9月28日10:00オープン。

私もしばらくしたら・・・・

 


 

続きを読む

ザ・ワン・デバイス/ブライアン・マーチャント著 まさしく生態系・・・・

今日も晴天。

きれいな青空に涼しい空気。

秋の近づきを感じる佐賀市。

夜になれば寒く感じるほど・・・・

 

今日の仕事終わりはこちら。

ザ・ワン・デバイス/ブライアン・マーチャント著

「ザ・ワン・デバイス/ブライアン・マーチャント著」

いわゆるiPhone開発本ですが、

単なる開発話では終わらずに、

iPhoneを中心に据えた様々な分野に、

著者の行動が広がっている点。

まさしく生態系という言葉にふさわしい、

新しく創造された世界への探求。

 

序章 解体

セクション1 天才たちの秘密プロジェクト

他社技術のマルチタッチがiPhoneの原型を生むまで

 第1章 電話とコンピュータの合体

  〝スマホに至る道を示したまえ〟とサイモンは言う

 第2章 マインフォン~鉱山電話

  iPhoneの原材料を掘り返す

 第3章 iPhoneはキズつかない

  ゴリラガラスが生まれるまで

 第4章 マルチタッチの発明者は誰か?

  アップルに飲み込まれた無名の天才

セクション2 極秘プロジェクト〝Q79〟の始動

「唯一無二のデバイス」の最初の姿

 第5章 薄くて長持ちのバッテリーを求めて

  現代生活の燃料源に迫る

 第6章 世界で最も使われているカメラ

  手ブレ補正を発明した日本人技術者

 第7章 動きを読み取るセンサー

  iPhoneはいかに自分の居場所を知るか

 第8章 世界を変えた〝豪腕〟ARMチップ

  iPhoneの頭脳はどのように育ったか

 第9章 ワイヤレス接続

  ネットワークはハワイとスカンジナビアで生まれた

セクション3 iPhoneの内部へ

スライドしてロック解除

 第10章「ヘイ、シリ」

  史上初のAIアシスタントは誰か

 第11章 セキュアエンクレーブ

  ハッカーやFBIからiPhoneを守る

 第12章 メイド・イン・チャイナ

  地球上で最も儲かる製品の組み立てコスト

 第13章「セル」フォン

  マーケティングのための徹底的な秘密主義

 第14章 ブラックマーケット

  使用済みiPhoneの運命

セクション4 ザ・ワン・デバイス

 秘密主義と社内政治でめちゃくちゃになったアップルの内情

 

佐賀県立図書館、市立図書館にもありますので、

ぜひ。

 

ちなみにそのiPhone。

事前情報と同様の姿で登場。

iPhone11Pro

2020年モデルで5G対応、Touch ID復活。

この2つの噂。

11Pro 三連カメラ

さらに大き過ぎる3連カメラ。

実物を見るまで感想は控えますが、

これはあまりにも美的に難。

性能が良いのは分かりますが、

私はこれだけで2019モデルは論外。

 

Appleの魅力はスペックより見た目(笑)

iPhone11Pro

ただ今回の新型iPhone。

11Proの外装はマットなガラス。

どんな色合いなのか非常に興味。

  

明日は仕事が休み。

福岡まで見に行ってみようかと・・・・

 

 

続きを読む

辛ラーメンキムチカップ リニューアル・・・・

今日は晴天。

きれいな澄んだ青い空。

急に季節が秋めいた佐賀市。

いつの間にか、

9月も下旬・・・・・

 

今日の仕事終わりはこちら。

「辛ラーメンキムチカップ」

辛ラーメンキムチカップ  リニューアル

9月2日から始まった新キャンペーン。

下記3商品を購入し、

そのレシートを撮影、

辛ラーメンLINEアカウントに

写真を送信すると、

抽選で1000名に500LINEポイントプレゼント。

sinramen.jp

辛ラーメンLINEポイントプレゼント

 

超珍しいらしいLINEをしていない私には、

全く関係ありませんが(苦笑)

辛ラーメンキムチカップリニューアル 食塩相当量

食塩相当量は4.4g

辛ラーメンキムチカップリニューアル 中身

中身は粉末スープ。

リニューアルはパッケージだけか?

 

3分待って出来上がると、

相変わらずキムチが立派。

辛ラーメンキムチカップ 出来上がり

辛さも程々、

キムチは立派。

麺はいささか異国感。

良い意味で。

 

何がどうリニューアルしたかどうかは、

よくわかりませんでしたが、

定期的なリニューアルは必要。

 

 

カップ麺のみならず、

我が国も韓国も。

 

そんな気が・・・・・

 

 

続きを読む