読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

松浦一酒造 カッパのミイラ

今日は曇りのち雨。

久しぶりに、

まとまった雨となった佐賀市。

気温以上に寒さ。

 

さて昨日の伊万里行き。

小島古墳の後にこちらへ。

「松浦一酒造」

www.matsuuraichi.com

歴史ある伊万里の酒造所。

ただそれだけではなく・・・・

松浦一酒造 駐車場

かなり大きな駐車場。

トイレも立派で、

スロープもあり車椅子でも移動可。

松浦一酒造 看板

色あせてきたかわいらしい

看板にそって歩くと、

倉庫を通り酒蔵へ。

f:id:hishi07:20170319152414j:plain

趣ある構え。

松浦一酒造

酒屋らしく、

日本酒に関わる数々の品と共に、

こちらを有名にしている、

カッパの数々。

松浦一酒造 カッパコレクション

可愛らしいものから、

f:id:hishi07:20170319152614j:plain

比較的、新しいものまで(笑)

松浦一酒造 内部

酒蔵を改装してある事もあり、

広い空間。

照明が上手。

松浦一酒造 河童のミイラ

そして最も奥。

鎮座しているのが

河伯(かはく=かっぱ)のミイラ(驚)

松浦一酒造 カッパのミイラ

見つめる程、

不思議。

河伯

私は過去に数回見ているのですが、

いつ見ても不思議な存在感。

その容姿といい、

表情といい、

見つめる先といい。

 

ちなみに、

このカッパのミイラ。

屋根裏の柱にくくりつけられていた

箱に入っていたとの事。

箱には河伯の文字。

この河伯(かはく)

わが国ではカッパと同一視されていますが、

実際は中国の黄河を氾濫させる神様。

これが日本に伝わった際、

もともと日本各地にあった

川の神様と結びつき河童に。

 

伝わった時期は6世紀末ごろ。

これは先だっての

小島古墳の造成時期とも重なります。

 

古きものの伝わり方。

少しでも多く感じたいと。

 


 

 

松浦一酒造株式会社

佐賀県伊万里市山代町楠久312

0955-28-0123

8:55〜16:15

見学無料

無休