読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

トップバリュ ミーゴレン

カップ麺トップバリュ

今日は曇りから薄晴。

気温は高めで、

暖かい佐賀市。

明日も良い天気。

 

今日の仕事終わりはこちら。

「トップバリュ ミーゴレン」

トップバリュ ミーゴレン

かなり美味しく見える

パッケージ。

トップバリュ ミーゴレン 中身

中身は、

液体ソースと特製ソース。

トップバリュ ミーゴレン 出来上がり

3分待って出来上がると、

不思議な香り。

液体ソースが、

普通のソースとは異なり、

複雑な醤油系。

その上に、

辛味調味料である特製ソース。

これをかけると、

かなり辛めに。

 

確かに、

異国感を感じるカップ焼きそば。

ただ昨日と同じ結論ですが、

具材が弱すぎ。

 

価格を考えれば、

止む得ぬとは言え、

トップバリュらしさを感じず、

残念。 

f:id:hishi07:20160316223333j:plain

さて、

この「世界を旅する食卓」シリーズ。

第1回目はアジアな訳ですが、

今読んでいる本が

丁度そんな感じ。

Everyday Foodie

「エコノミストの昼ごはん」

著者はアメリカの経済学者、

タイラー・コーエン氏。

 

経済学者と聞きますと、

難しい話、

もしくは数字ばかり。

そんな話を想像していまいますが、

全くそんな事はなく、

タイトル通り

「真に美味しい食事は日常に」

原題は「Everyday Foodie」

 

この本の中では、

グルメと言う言葉でよく登場する、

欧米の料理ではなく、

中南米やアジアの食が中心。

システム化されていない

地元食こそ真の食との論。

 

またもうひとつ。

一般的に否定的に捉えられている

「遺伝子組み換え食品」

これは、

食糧難が拡大している

今、そして未来。

必ず必要なんだとの論。

 

TPPと絡め、

野菜をちょっとした

小さな空間でも作っている

佐賀の現状とも絡め、

なかなか深い本。

 

県立図書館に置いてあります。 

 

 


 

 

トップバリュ ミーゴレン

イオン

105円(マックスバリュ)