読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

博多麺業 島系

今日も厚い雲と雨。

時折激しい雨の降った佐賀市

夜になると一段と雲は黒く。

地上の光すら吸い込みそうな漆黒。

暗い夜。

先日のこのニュース。

ただただ残念

今日は「博多祇園山笠」に沸く福岡まで。

あちらこちらの飾り山が大変きれい。

15:30より集団山見せが始まり、

開始当初はかなり激しい雨。

締め込み姿のかわいい子供さんたちも、

全身びしょぬれでも立派な姿。

たいしたものでした。

伝統ある祭りを残すと言う事。

伝統を引き継ぐ事。

それは口ばかりでは出来ない事を子供らの姿から。

今回写真が難しく残念ながら撮影せず。

公式サイトから

その後こちらへ。

「博多麺業 島系」

硬質の極太麺を、

志免本店、舞鶴店で展開する「島系本店

さらに7月1日より新店舗をオープン。

されど空調設備等不備があり、10日再オープン。

外観は今風。

店内はカウンターのみで右手に食券機。

プチ今風(苦笑)

島系志免店よりは今風で舞鶴店よりは昔風(笑)

居抜き店舗だったのでしょうか?

ちなみに店内充分涼しかったです。

それはともかく「ラーメン(小)」

見た目1番は丼を覆うほどのチャーシュウ。

そして他の「島系」と異なる印象のスープ。

下の方から極太麺を出してみると、

以前の島系極太麺っぽい印象。

最近の程縮れていない印象。

そしてそれ程ゴリゴリ感も薄い印象。

巨大なチャーシュウはかなりの柔らかさ。

味付けも自然で良い感じ。

歯に詰まりませんし(苦笑)

見た目島系とは異なるスープ。

表面の油が目立ちます。

私には醤油豚骨と言うより、

佐賀に多い胡椒の効いた、

和風ちゃんぽんのスープを、

どんどん煮詰めた印象。

少なくとも私の感じていた島系のスープとは違う。

まだまだ落ち着くまで時間が掛かるでしょうが、

大変期待できるお店には間違いなく、

今後も定期的に。

帰りの車で聞いたこのニュースに驚き。

木下元佐賀市長が福岡市長選出馬へ

うむむ。


博多麺業 島系

ラーメン(小)550円

福岡市中央区春吉1-7-18

11:00~16:00・18:00~2:00

日・祝・祭日は21:00

無休