読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

博多一幸舎 博多本店

今日は曇り。

所により軽い雨となった佐賀市

気温は引き続き高め。

15℃前後の日中。寒くは感じない12月中旬。

今日は所用で博多まで。

駐車時間に余裕があり、

日頃行かない駐車場がないお店でもとこちらへ。

博多一幸舎 博多本店」

駐車場がないから行かないと言うより、

チェーン展開がすばらしいお店には興味が薄い。

どちらかと言えばそれが理由。

博多一幸舎は福岡県下に6店舗。

京都駅ビル内に1店舗。

さらにシンガポールに2店舗、

ジャカルタに3店舗、香港に1店舗。

九州からアジアを見据えた展開には好感。

14:00過ぎの店内。

大きな旅行ケースを抱えたグループ客やスーツ姿の男性客。

駅に近い有名店らしい客層。

数あるメニューの中から、

せっかくなのでランチ(〜15:00)

Aランチ850円(ラーメン・ごはん・餃子5個・サラダ)

Bランチ950円(ラーメン・ミニチャーハン・餃子5個・サラダ)

ちなみにラーメンは4種の中から選択可。

ということでBランチ。

ノーマルな一幸舎ラーメンで。

まずラーメン。

泡立ちが強い整ったラーメン。

今風なすっきりとして濃い味。

足し算で作られた万人受けするスープ。

印象的なのは麺。

細い麺であるものの、円形でない為かボリュームを感じる麺。

さらに旨みも。

その後、ミニチャーハン、サラダ、餃子と間髪置かず提供。

なかなか豪華。

特にチャーハンは、しっとりとしてラーメン店らしい味付け。

最も好印象だったのは実は「生姜」

机上に並んだ2つの壷。

そのうちのひとつなのですが、

これが赤くない生姜。

さらに風味と辛みが絶妙な生粋の生姜漬。

確かに壷には「しょうが」と表記(笑)

店員さん達の気合いは入りまくりの挨拶から、

接客担当者の態度、整頓された机上まで。

佐賀にはない全国区クラスのお店。

ラーメンで組織を作り、それが会社となり

今では会社がラーメンを造っている。

完成されたシステムを感じさせてくれるお店。

ラーメン好きの端くれとして、良い経験。

佐賀では出来ない経験。

しかしこの一回で充分満足(苦笑)


今日想った事。

「佐賀の投票率、戦後最低 第三極なし原因か」

第3極。

佐賀で言うなら日本維新の党からの出馬の話でしょうが、

例え出ていても投票率には大差はない感。

「選挙で何も変わらない」

昔は、自民党順送り人事。

今は、政権交代

ただこの3年間の民主党政権

最初があまりにも悪かった。

鳩山さんに管さん。

この2人に責任がある気が。

とにかく次はなじみ深い自民党政権

万人が幸せになる政策はない。

しかし1部政治家、高級官僚。

それら税金で暮らしている者だけが裕福になる理由はない。

民主党が再び政権を取る気があるのなら切り込むのはその1点のみ。

社民、共産党のように万年野党で安住する気かも知れませんが。

これからの自民党政権

公約など単なる話題作り。

勝てば官軍。

嫌な程見せつけられる予感。


博多一幸舎 博多本店

A セット 950円

福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-12 光和ビル 1F

092-432-1190

月~土 11:00~24:00

日   11:00~21:00