読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

博多ラーメン伍ノ壱

食 福岡市

今日は弱い雨。

終日冷たい雨が降り続いた佐賀市

随分と久しぶりの雨。

今日は午後から暇が出来、三瀬を超えてこちらまで。

「博多ラーメン伍ノ壱」

リンク頂いている研究主任さんの「九州食文化研究所

そちらでの記事に惹かれて。

昨年、10月下旬にオープンした同店。

広い駐車場にきれいな店内。

カウンターとテーブルどちらも整理整頓され見事な今風。

机上もきれいに整頓。

中央部には3種類のお漬け物も。

メニューはラーメンが2種。

ノーマルな「白」と焦がしニンニク油の入った「黒」

オススメは黒の様でしたが、やはり「白」

それの半チャーハンセット(750円)

ちなみにセットは全部で3種。

まずラーメンが。

癖なく万人受けする茶褐色のスープに強い麺。

とろけるチャーシュウは印象的。

基本のしっかりさを感じさせるラーメン。

チャーハンはふわっした軽めの食感。

油っぽくなくパラリ、さらりとしていながら、

旨さを感じる味付け。

量も茶碗一杯程度と無理なく食せるセット量。

お店の雰囲気と共に、

若い方々のデートに充分使えそうなラーメン店。

逆に言えば、作業服姿のおじさんには似合わない(苦笑)

最近、格安ラーメンばかりでしたが、

福岡ラーメン界の幅広さは羨ましい限り。

さがの滋味系も魅力的ですが・・・

親会社は福岡で居酒屋やカラオケ店等を多数展開する

株式会社悟(サトル)

そのグループの一員のようですが、

あえて格安ではなくしっかりしたお店作りには好感。

元気と節度を感じさせる接客と明るい店内。

奇をてらわないメニューと基本の良さを感じるラーメン。

新メニューが出た頃、また寄りたいなと。

今日想った事。

三瀬はお正月前後より雪がなく、

例年にない程チェーン規制の少ない冬。

それだけ福岡圏へと行きやすいのは良い事ですが。

寒い、寒いと言いながら、

少しずつそして確実に九州の気候は、

東南アジア化しつつある実感。

今後1500年は氷河期にならない=研究者報告

地球全体としても、

少なくとも、寒くはならない。

そんな印象。

今回の大規模原子力事故まで、

日本の全ての政党は、

温暖化防止=CO2削減=原子力発電との図式。

その図式が壊れた以上に、

これから経済成長を迎える国が増える事実。

排気ガスが減る訳がない。

晩年のレオナルド・ダ・ヴィンチは、

世界は大洪水で滅びると様々デッサンを残しています。

我々日本人にも馴染みの深い、

旧約聖書ノアの方舟の話や、

世界に残るいわゆる洪水伝説にも、

影響されていたと思われます。

世界は洪水で終わる。

水で終わるイメージは、

今を生きる我々日本人にもリアルな感覚。

洪水は、地震に伴う津波だけではない。

佐賀は全国有数の平野。

さらに佐賀市の大半は弥生時代には海の底。

水は静かに上がってくるのかも知れません。


博多ラーメン伍の壱

半チャーハンセット 750円

福岡県福岡市早良区有田3-10-7

092-874-1705

11:00~24:00

不定休