読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

クラウド アトラス

映画

今日は晴天。

薄い雲が覆うものの、

暖かな日差しに包まれた佐賀市

朝方の冷え込みはかなりのものでしたが。

今日は仕事が休み。

子供達の学校の行事に参加した後、こちらを。

クラウド アトラス

2012年公開。

19世紀から未来まで、6つの異なる時代の物語。

そしてそれぞれの登場人物達が何かしらに繋がっている物語。

約3時間。

時間が短く感じ程、かなり感動。

過去から未来へ流れる時間の中でと言うより、

同時並行するそれぞれの時間の中で、

立場や役割は違っても、関わる全ての人が繋がっている。

そんな秀逸な映像表現。

時代は変わっても、つながりのある出来事と人々。

主要人物には彗星のアザがあり、

三島由紀夫「豊穣の海」での3つのほくろを思い起こす輪廻転生の物語。

映画を見ながら、漠然と日々思っていた事を改めて。

家族だったり、級友だったり、職場の同僚だったり。

それらの人々とは今までの時代でも何らかの関係があったと常々。

そしてこれからの時代でもおそらく同様。

立場や境遇は異なるでしょうが、

今回りにいる人々がまた次の世でも。

そう考えると、人生それ程悪いもんじゃない。

せめて次の世では、同じ間違いはせぬように。

前の世での間違いは覚えていませんが。

今日は太平洋戦争開戦の日。


クラウド アトラス

ワーナーホームビデオ

80円(ゲオ)