読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

七九軒

食 大川市

今日は小雨模様な曇り空。

風も強く重厚な灰色と黒い雲。

気温はさほど下がりませんでしたが、

寒々と感じた佐賀市

今日はこちらへ。

「七九軒」

リンク頂いているつばめさんの「つばめの武勇伝

そこに度々登場している同店。

福岡は大川にあるお店です。

大きな道沿いには、

看板も出ているのですが、

お店自体はまさしく町中。

もともとは一軒家だったのを、

店舗に改装したと思われる立地。

それにまず驚き(笑)

店内はかなり広く、

カウンターと座敷そしてテーブル。

家具の町大川らしく「木」を多用した作り。

メニューはちゃんぽん(650円)や、

焼きそば(550円)等麺類。

焼きめし(550円)やカツ丼(650円)等ごはんもの。

さらにホルモン炒め(600円)やぎょうざ(400円)、

キムチ(200円)など多彩。

でラーメン。

大きなチャーシュウと海苔が印象的。

スープは、久留米っぽい骨太豚骨感。

脂を感じさせずすっとしていてコクと旨みが。

麺もぷりっとしていて気持ち固め。

具は大きく柔らかいチャーシュウにきくらげ、

そして輪切り玉子。

なかなかの豪華さ。

もともと年季の入った老舗ラーメン店だったとの事。

厨房には、若い男性とそのお母さんでしょうか、

女性の姿。

現店舗のイメージと、

出てくるラーメンのイメージは一致しませんが、

今風店舗で食べる気合の入った老舗な味。

そんな印象。

佐賀市内のラーメン店も、

滋味系店舗の多くは高齢経営者。

経営者と言いましてもおじいちゃんとおばぁちゃんな訳です。

この味が受け継がれずに廃れてしまうのは甚だ残念。

そういう意味でも継承された老舗。

大変貴重。


七九軒

ラーメン 500円

福岡県大川市大字三丸2037−5

0944-87-6404

11:30~14:30 

17:00~23:00 

木曜日定休