読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

唐津らぁ麺むらまさ

食 唐津市

今日も雨。

時には激しく、時には弱く。

梅雨も終盤に差し掛かったと思われる佐賀市

今日はこちらへ。

唐津らぁ麺むらまさ」

そういえば、「塩とんこつらぁ麺」が始まっているはずと。

15:00過ぎで、まずまずのお客さん。

激しい雨を考えれば、

地元に根付いてきた印象大。

年配のお客さんが目立ちます。

当初提供されていた「玄界灘塩らぁ麺」と「醤油らぁ麺」

そして今回の「塩とんこつらぁ麺」

これでラインナップ完結。

メインは「玄界」の名を記した「塩」の模様。

ちなみに8月31日までは冷やし中華(750円)も。

こちらはなかなかの豪華さ。

で「塩とんこつらぁ麺」

これに併せて机上には、

紅生姜と揚げニンニク。

軽く白濁した豚骨色。

豚骨の香りは感じられず、

具材は「塩」と同じくチャーシュウ、メンマ、ネギ。

ここの共通する印象、シンプル。

塩らぁ麺と異なる深めな丼。

底に盛られる、

大変柔らかく優しい味付けなチャーシュウ。

軽い噛み応えと味付けのメンマ。

ネギ臭くないネギ。

また麺は四角い断面の細い麺。

小麦を感じさせる上質な麺。

1番印象的なのは、スープ。

最初、何らかの果物を感じさせる甘みを伴う旨み。

これが豚骨感を最後まで上回る印象。

私には不思議さを感じさせ、

結局飲み干してしまいましたが、

これは好みがかなり分かれそうな感大。

落ち着いた雰囲気の中で、

軽い味わいながら深い旨みを感じられるラーメン。

今回の「塩とんこつ」、九州ではおそらく出来ない味。

唐津の食材を使った別な土地の豚骨ラーメン。

これはこれで大変貴重。


唐津らぁ麺むらまさ

塩とんこつらぁ麺 600円

佐賀県唐津市菜畑3609-2

0955-74-3213

11:00~21:00

木曜日定休