読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さがの日々

佐賀市で暮らす筆者の主に食に関するブログです

清陽軒

今日は雨。

肌寒さを感じた佐賀市

風が強い1日。

春以降、風が強い日が多くなった印象。

昨日久留米までいった話を書きましたが、

大砲ラーメンの帰り道ここへも寄っていました。

清陽軒

5月2日にオープンした新規店。

と言うものの屋台時代から続いたお店が、

一旦廃業し、待ち望むお客さんの要望で復活。

で、このお店では、

大砲ラーメン」の創設者さんが修行していたと。

そして大砲ラーメンがイメージ作ったとも言える、

一般的な久留米ラーメンの源流だと言いたげな広報。

駐車場が異様に広く店内も相当広い。

外観は、ラーメン店らしからぬ形。

第一勧銀前で屋台で営業を始めた事にちなんで、

第一勧銀をイメージしたとの事。

店内は今風店舗の完成系(笑)

このままカジュアルイタリアンのお店でも良いぐらい(爆)

メニューやその表記。

そして調味料関係の置き方を見ても、

著しく「大砲ラーメン」を意識させます。

メニューは、

焼き飯(390円)、餃子(290円)、唐揚げ(390円)等。

ラーメンは2種類。

屋台仕込みラーメン(480円)と

すっぴんラーメン(同)

「屋台仕込み」が創業当時の味との事で、

カリカリ(背脂揚)が入り濃い版。

「すっぴん」がラード不使用のあっさり版。

まぁ、大砲で言う「ラーメン」と「昔ラーメン」(苦笑)

で「屋台仕込みラーメン」

奥に甘さを感じるスープ。

骨粉は殆どなくさらりとした印象。

スープは豚骨の頭のみとの事。

具は今風とろとろ系ばら肉チャーシュウ、海苔、

きくらげ、卵、ねぎ、そしてカリカリ。

しっかりしたラーメン。

昔からある味を今風に飾った感じ。

480円の価格設定は立派。

佐賀のラーメンが著しく高く感じます(苦笑)

ひとつ気になったのは店員さん達の雰囲気。

土曜の夕方だからなのか、

厨房内に4~5名の男性。

それ以外にも同数程の女性店員さん。

かなり若い方々。

その為か、老舗ラーメン店の復活と言うより、

店員さん同士が楽しそうなサークル出店風(苦笑)

学園祭の。

接客態度マニュアルはしっかりしている様子で、

定員さん達もしっかり接客。

お客が広い店内に私含め4人だった為もあり

余計に目立ったのかもしれませんが。

久留米の老舗店の復活はうれしい事。

今後は味の復活、追求のみならず、

店の空気も凛とした「老舗ラーメン店」然としたものを希望。

無論、現店舗にあった雰囲気で。

家族で食べるなら最右翼。

良いお店だと思います。


清陽軒

屋台仕込みラーメン 480円

福岡県久留米市諏訪野町 1798-6

0942-32-9736

11:30~24:00

火曜日定休